RSS

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
2016年も皆様にとって素晴らしき一年になりますように・・・・。
私は「なかい歯科」に勤務して3年目になります。この1年も充実した年を送りたいと思っております。
とは言っても、自分のしたい事の3分の1もできていないと年末には反省致します。
それで、今年は毎日、日記をつけてスケジュールもしっかりと付けてやり残しの無い1年を送りたく思います。
行き当たりばったりの人生をこれからはしっかりとビジョンを立てていきたく思います 。
話は変わりますが、年末の番組で「小澤征爾さん、ドナルド・キーンさん」の対談の中で感心した事はドナルド・キーンさんの記憶の素晴らしさ。
一生に1度しか無いこのシーンが記憶に残る、私もそんな人生をこれから歩みたいです。
新しい年の初めですが、出会いや別れが沢山あると思います。私も患者さんとのシーンを大切に1つでも多く記憶に残る仕事をしていきたいです。今年も1年宜しくお願い致します。

TOPへ

クレイジー・フォー・ユー

こんにちは、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科衛生士の横谷です。

今年も怒濤のような一年でした。少し年末冷えましたが、皆さんインフルエンザなど体調は大丈夫でしょうか?
私はそんな師走の日に急遽親戚の出演している劇団四季の舞台を観に行ってきました。
演目は「クレイジー・フォー・ユー
劇団四季なので、もちろん歌も踊りも盛りだくさん。。
最高の舞台でした。
今までも幾つか観に行った舞台を紹介しましたが、きっと四季というとライオンキングとかキャッツとかコーラスラインとか…..
そんなイメージかもしれません。
でも、このクレイジー・フォー・ユーも四季の魅力がよくでている素敵な舞台でした。ショービジネスのお話で多彩なダンスを盛り込んだラブコメディです。
また、あらためて歌や踊りの魅力にとりつかれました。あの体力すごいですよね!!
年明けまで大阪で上演されているそうです。
大阪ではライオンキングも5月まで行われるそうなので、是非お出かけなさってみて下さい。パーッと元気になりますよ!
最後に今年も皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。
皆様よいお年を & 明けましておめでとうございます。
2016年もなかい歯科共々、どうぞよろしくお願い申し上げます。

TOPへ

2016年 年末

こんにちは。なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科衛生士の関です。

気付けば、今年も残り僅か。本当に早いですね。そろそろ何一つ手を付けていない大掃除に取り掛からなければ…頑張ります(*_*)

そして、今年も大変お世話になりました。ご迷惑をお掛けすることも多々ありましたが、患者様、スタッフに助けられ、無事一年を終えることが出来そうです。来年も努力を怠らず、頑張りますので、よろしくお願い致します。

では、良いお年をお迎え下さい。

写真は母と休みに入りすぐに行った倉敷のものです。

TOPへ

植物

こんにちは。なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所の歯科衛生士の横谷です。今年の紅葉は残念ながら天候などの影響でイマイチのようですね。
皆さんは、どこかにお出かけされましたでしょうか?
私は新幹線から、やや山が色づいたところ、鴨川からの長めを少し楽しんだくらいでしたが。。
本当にあっという間に年末に近づいておりますが、今年も講習や学会でたくさんの土地に行ったな。という印象しか残っておらず、最近走ることもさぼってます。。
岡山で開催された日本口腔インプラント学会に行った時に食べた私の大好物のシャコです。
嫌いな方は、ごめんなさい。結構な姿ですよね、、
相変わらず落ち着かない日常の中、最近私が少しほっとする瞬間を紹介します。
実はこれは、以前はアイビーのみで枯れてきて、少し生き延びてまたしっかり枯れてしまってという状態でした。
それをもう一度何とかしたいと思い、枯れた部分をほとんど抜いて、新たなアイビーとミントを寄せ植えしたんです。
そしたら、何と少しずつですが成長してきました。きれいな写真じゃなくてすみません。。
しかも、アイビーは結構強いのでそんなに問題ないんですが、ミントは水のやりすぎでも、乾燥してしまったり、栄養不足でも枯れてしまいます。
ただ、すごいのはぐったりしていても時々栄養を与えると、翌日元気に生き返るんです。
私はあまり植物などを育てるのは得意ではないし、今までもあまり経験がないのですが今回は割と簡単なものということで玄関の前において毎日ちらっと見て出かけます。
そうすると、愛着が湧いてきてあんなにぐったりしていたのにピンと元気に葉が開いている時、何かこちらが励まされています。
私もぐだっとせず、もう少しシャキッとしよう!!と思わされたり。
植物っていいですね。。
あと少し、皆さん年末は慌ただしいでしょうけど、何かほっとする時間を作って身体に気をつけて乗り越えて下さい。

TOPへ

奈良へ

こんにちは。なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 受付 楠田でございます。

早いもので、もう師走となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

先日、お休みの日に奈良県の明日香村へ行ってきました。

駅の近くのレンタサイクルで自転車を借りて、ブラブラと散策したのですが、お天気も良く紅葉も綺麗で、風を切って走るのがとても気持ちよかったです♪

 

 

まず、最初に向かったのが飛鳥寺です。

 

 

飛鳥寺は日本で最初にできた本格的な寺院で、596年に蘇我馬子氏により創立されました。

お寺の中では日本最古の仏像、飛鳥大仏さまが私たちを迎え入れてくださるのですが、1400年も前に建てられたとは思えないくらい立派で、大仏好きな私にはたまりませんでした。

 

なんと、東大寺の奈良の大仏さまより150歳も先輩だそうです!

飛鳥大仏さまの右側には16歳の頃の聖徳太子の立像が置かれていて、これがなかなかのイケメンでした。

蘇我馬子と聖徳太子も見ていたかもしれない大仏さまを、時空を超えて拝むなんて…..なんか素敵….!

と、心の中でハクハクしながら最高の時間を過ごしました。

 

次は、石舞台へと移動しました。

 

墳丘の盛土が無くなってしまい、巨大な石が露わになり、その形状から「石舞台」と呼ばれているようです。

被葬者は当時この地の権力者だったとされる蘇我馬子氏と言われています。

石の重さは2,300トンもあるそう!こんな大きな石を人力で運ぶなんて、先人の知恵は本当にすごいですね。

石舞台は中が空洞になっていて、入ることもできたのですが、なんだか不思議な空間でした。

 

 

 

 

飛鳥は日本の政治の始まりの地と言われているだけあり、たくさんの古墳や遺跡が至る所にあるのですが、それが民家と自然に共存しているのが面白かったです。

少し日常とは離れた所で素朴な空気に触れ、とてもリラックスできました。

またブラブラどこかに旅したい今日この頃です。

さて、なかい歯科の年末年始の休診日は下記の通りでございます。

 

2015年12月27日(日)~2016年1月3日(日)まで

2016年1月4日(月)より通常通り診療を行います。

ご不便おかけ致しますが、よろしくお願い致します。

少し早いですが、皆さまよいお年をお迎えください!

TOPへ

クリスマス☆

こんにちは!
なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科衛生士の松下です。

早いもので、今年も最後の月になりました。
寒さが増してきていますので、体調管理にお気をつけ下さいね。

さて、12月といえばクリスマス!
街でもクリスマスの装飾が目立ちますね。

皆様、どこかイルミネーションを見に行かれましたか?
オススメがありましたらぜひ教えて下さいね!

私は先日東京ディズニーシーに行ってきました。
パーク内はクリスマスの装飾でとても可愛らしかったです。

ツリーはこちら!

とても大きかったです。そして、ツリーの下には…

可愛いディズニーの仲間たちが!!
とても素敵なクリスマス装飾でした。
さて、なかい歯科はどうでしょう?
もちろんクリスマス仕様になっております!
待合室にはツリーとなかい歯科の『N』が光っています!そしてよく見ると…

ツリーに歯ブラシもぶら下がっています。
歯科医院オリジナルでしょ?クリスマス期間は装飾はもちろん、院内のBGMもクリスマスソングとなっていて、とても楽しい雰囲気です!期間限定、クリスマス仕様のなかい歯科にぜひお越しくださいね!

TOPへ

東へ〜秋の混雑と尾形乾山

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長の中居です。

 

巷では秋の三連休、京都観光一大ピークを迎えている様子。

連休中日、自転車で向かうのは「細見美術館

うちを出てただひたすら通りを東へ、鴨川を横切りまっすぐまっすぐ一キロあまり東走すればいいだけだ。

が、今日は車が全く動いていない。どこまでも渋滞の車列が続く。

そんな時、自転車は最良のトランスポーターとなって、車列の横をいつも以上の疾走感を感じながら東へ。

陶器にはそんなに興味がないものの、琳派回顧展みたいなのをあちこちでしていて、同美術館では乾山展が開催されていた。

 

実は、その尾形乾山の窯+店跡地(らしい)に、なかい歯科は(ほぼ)建っているそうだ。

享保年間約20年ほどこの地に居を構えていたらしい。

この数ヶ月東京発のいろんな美術媒体で喧伝されていたこともあって足を運んだ。自分の住まうこの足元で焼かれたものが、陳列ケースの向こうに300年の時を経てうやうやしく鎮座しているのを見るとなんとも感慨深い。

とはいえ、本来実用目的で多数製作されているものであり、「これって北欧のテキスタイルと一緒じゃないか」という作品も数多く、使える美しさだった。

 

あのぉ、乾山さん、おたくの後に住んでるものですが、江戸に行く前いくつか置き忘れなかったですか?

 

ここ掘ったら出てこないかな、一皿ぐらい。。。

 

TOPへ

柿の季節

皆様、こんにちは。なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科衛生士の関です。

ここ数週間で急に冷え込みましたね。いよいよ冬本番でしょうか?季節の変わり目は体調を崩し易いので、お気を付け下さいね。

食べても食べても農家の祖父母の所からやって来る柿。

今年は豊作だそうです。いつも我が家の冷蔵庫は収穫シーズンの物で溢れています(笑)

小さい頃から田んぼや畑に行けば野菜や果物がある生活なので、それが当たり前になっていますが、祖父母が毎日毎日頑張ってくれているお陰。

小さい頃は手伝いに行ったりしていましたが、(いや、邪魔をしていただけでしたね…)しばらく行っていないので、いつかまた顔を出してみようと思います。

今年も残すところ後二ヶ月。思い残すことのないよう、充実した毎日を送りたいと思います!

TOPへ

高野山へ

皆様こんにちは!
なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科技工士兼助手の東です。

最近は日が落ちるのも早くなり、朝晩はとても冷えますね…

毎年思いますが、夏が終わるのはあっという間です。夏が大好きな私は9月、10月はさみしい気持ちになります。夏の高校野球も終わり、プロ野球シーズンも終わり、これから何を楽しみに過ごせばいいのかと…笑

そんな弱った心を癒しに、先日日本仏教の聖地『高野山』に行って来ました。

ご存知の方も多いかと思いますが、高野山はおよそ1200年前に弘法大師によって開かれた、真言密教の修行道場であり、全国に広がる高野山真言宗の総本山です。

まず最初は奥之院 へ。

奥之院ではあたり一帯に老杉が生い茂り、太閣秀吉から太平洋戦争の英霊、歴代天皇まで20万基を越えるあらゆる時代の、あらゆる階層の人々のお墓が並んでいました。

また弘法大師御廟への入口、御廟橋から奥はそれまでの道とは全く違う空間のように感じました。まさに聖なる地という感じで、木々や葉の色、そして空気さえもそれまでの道とは違うように感じました。

上手くお伝えできないのですが…屋久島に行った時の『これがマイナスイオンだ!』という空気とはまた違う感じなんです!

今回は日帰りであまり時間もなかったので、その他は金剛峯寺、壇上伽藍など見て帰ったのですが、周りには宿坊がたくさんあるみたいなので、次回は泊まりでもっとゆっくりまわりたいなと思いました。

今回一番驚いたのは、神社と仏閣がちゃんと区別されるようになったのは明治時代からだということです。それ以前の日本では特に区別されていなかった為、その名残で多くの家には神棚と仏壇が共存しているんだそうです。神社にあって仏閣にはないはずの鳥居も、奥之院には存在しました。なるほど…

高野山開創1200年の記念すべき年に、素晴らしい場所に行けて良かったです。ただ自分の家の宗派も知らずに軽い気持ちで来てしまったのは少し残念でした。次回はもっと下調べしてから行きたいと思います!

TOPへ

ティースギャラリー

こんにちは。なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 受付の楠田でございます。

さわやかな秋晴れの続く今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、歯の被せ物(ほてつ物)について少しだけお話したいと思います。

只今、当院待合室のテーブル上に、デーンとこんな物が置かれています。

これまでに歯の被せ物の治療をされた方は、ご覧になられたかもしれませんが、様々な材質の特徴や、サンプルが陳列されている「ティースギャラリー」というものです。
「虫歯で穴が大きく、クラウンという被せ物が必要ですが、どの材質にしましょうか?」と言われても、よく分からない‥。。
という経験をされた方も多いのではないでしょうか?

まず、歯の材質を決める選択肢に、保険診療と自費診療があります。

この2つで大きく異なるのは、
・保険診療では、全ての人が平等に、最低限の治療を受けられる。
安価で出来るが、使用する材料や治療にかかる時間は細かい保険のルールで制限がある。

・自費診療では、費用は各医院で設定され、保険診療と比べ高額である。
保険の縛りが無いため、高性能の材料や高い技術でじっくりと時間をかけて進められる。
材質にはたくさんの種類があり、患者さま一人一人にあった最良の選択ができる。

という点でしょうか。

保険診療と自費診療で使用できる材質の種類は、サンプルケースを見ていただくと一目瞭然です。
保険では選択肢がほとんどありませんが、自費だと様々な種類の中から患者様の求める機能(強度や審美性など)を追求することが可能です。

自費は高いから。。
と思われる方もいらっしゃると思いますが、先に述べた事以外でも、プラークが付きにくく、予後が良い等、長期的に考えれば決して高すぎることは無いと思います。私たちも自分の歯の治療時には、迷わず自費のほてつ物を選びます。
また、当院では自費のクラウンを作製する際、近くにあるデンタルラボ シャンツの技工士さんが、実際に患者さま自身の歯の色を見に来てくださいます。
その仕上がりは、当院スタッフもうっとりするくらいの出来栄えですので、自信を持ってお勧めしております。

患者さまに、ほてつ物について興味を持ってもらい、選択の幅が少しでも広がれば….と思います。

どんな種類の歯があるのかなぁ~と、気軽にサンプルケースの中を覗いてみてくださいね。

より詳しく知りたい方や、何か疑問点などありましたら、遠慮なくお聞きください!

TOPへ