RSS

EAO Paris

こんにちは、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長中居です。

今年も毎年参加する、ヨーロッパインプラント学会に参加して参りました。

留守中は、ご迷惑おかけしました。

遅くなりましたが、現地で書いたブログです。

 

 

秋風のパリのカフェでこのプログを書いている。

というと格好はいいが、適時の帰国便が取れず、現地の知人にガイドを頼むもさすがにすぐには都合がつかず、昨夜からすることもなく木枯らしに吹かれてさまよっているというのが本当のところだ。

昨夜は時間を持て余し、オペラ座で新作モダンバレエの観劇の機会があったので、その話を批評的に書こうかと考えていたが、その前に仕事の話。

 

学会ではいろいろな話が聞けたし、いろんなプロジェクトも相談できた。

大きなこととしては、「専門書の出版」が現実的に動き出した。内容は「レヴュー集」である。フレンチカンカンのレヴューではない(古くてすみません・・・)。

「批評」さらに言えば「批判的吟味」ともいって、近年ますますその重要性が叫ばれている分野である。簡単に言えば「ある科学領域・トビックに関する科学的根拠の評論集」である。

昔、文芸評論家になれたらなぁと漠然と憧れていたことがある。ゼロからの創造行為ができなくても、批評という編集行為であれば、間接的ではあるけれど、自分向きだと考えていたからだ。歯科医にはなったけれど、結局当初の希望は少しだけかなえられていると言えるかもしれない。

大変な仕事となるけれど、名誉なことだし最善の結果を残したい。

 

 

で、オペラ座の話。

「情熱大陸で紹介された日系ダンサーが出なかった」とか、「音と光と肉体の極北」とか、批評的なことを書こうかと考えていたけれど、最後の最後にひっくり返された。

最後の演目は「無題, 2016」世界初演。始まると場内のライトは最大限に照らし出され、暗い舞台の複数の緞帳は全てたくし上げられ、最後方の舞台裏まで露出され、向う正面の壁面はガラス張りになっている仕掛け。

場内の我々が舞台再奥に映し出される。

 

ダンサーは後ろ向きに登場し、場内に乱入し、痙攣するように激しい音の洪水の中で踊りはじめ最後には、ドアから退出し、観客を場外に誘う。舞台と観客の逆転。十分観客が退出し、ウェイティングフロアに集まったところで、声によるパフォーマンスがひとしきり行われ、ついには建物の外へ退出。

 

「お前を見ろ」「お前は何者だ」「お前からの論評は拒む」

といった挑発なのだろう。夜の冷気を感じる前に、異国の伝統的劇場で感じていた情緒的な発熱を激しく急冷された。

論評することは自分を語ること。

 

決して他人のふんどしで相撲を取ることではない。これから向き合う仕事は、私自身が問われる厳しい仕事であることを奇しくもこのタイミングで突きつけられた気分だった。

 

ちなみにここの最上階に「オペラ座の怪人」は住んでいるという設定が例の有名ミュージカル。

上がってみたが誰もいなかった・・・。当然のことながら。笑

TOPへ