RSS

2015春の東日本巡業

こんにちは、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長 中居です。

久しぶりに少しブログが書ける時間が捻出できた。

 

先週は東日本行脚を行っていた。院内で毎日響く「インチョー!!」という声に終日ひっぱり回されないとはなんと平安なことか。笑

患者の皆様,スタッフの皆さん、留守をしてすみません、そしていつもありがとう。

 

水曜日は鶴見大学で、木曜日は東北大学で、院生や医局員等を対象にミニセミナーを行ってきた。レスポンスよく闊達なディスカッションができてよかった。教えると同時に自分も充電をさせてもらっていると感じる。

土日はスウェーデンの先生のお話を丸2日東京で、今度は受講生の立場でじっくり聞かせていただく

 

会場がお茶の水のため、駅近くに宿をとった。明治大学裏の古い小さなホテル。

到着すると、熱いほうじ茶と豆ようかんが向田邦子ドラマにでてくる女中さんのような女性によって運ばれる。ウェルカムシャンパンなどよりはるかにありがたい。ほっと一息。

 

最上階は屋根裏部屋のようになっていて、自室のような雰囲気でここが何より良い。

東京の相場からすると安くはない部屋だけれど、趣味のいい英国製のスピーカーがついている。隣室はないから、好きな音楽を大音量で聞くことができる。

演歌の流れる大衆そば屋のカツ丼を食べた後、駅前の老舗中古CD屋でワンコイン程度のCDを2枚買って部屋に持ちこむ。原稿の校正に飽きたら、すこし耳をスピーカーに傾け、それに飽きたらまたこうしてブログ。しばし至福の時。。。

 

机はすり切れ、椅子はきしむが、空気はきれいで掃除が行き届いており、なんの不足もない。ただ古いだけだ。わたしにとっての最良のスウィートルームだ。

 

 

歯科医療では 最新が最善か?

 

という議論はしばしば行われる。もちろんノーだ。また、オールマイティーが常に必要かという議論も、これも私はノーだ。

 

このホテルの快適さは唯一無二でそれは私がそう思うからそれでよい。ホテル側だって、全ての人に100%受け入れられるとは思っていないだろう。

 

これでいいのだ!

 

天才バカボンのパパの言う通り

 

TOPへ