RSS

ミッキーの歯科医院

こんにちは。なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科衛生士の松下です。

2015年に入ってももう半月以上が経ちましたね。早いです。時間が経つのが本当に早いと思う今日この頃、充実した時間がすごせるよう、毎日の診療に全力を注ぎ、患者さまの健康のサポートができるよう、今年も努力していきたいと思います。よろしくお願い致します。

話は変わりまして、私は先日東京ディズニーランドに行ってきました。

私はディズニーリゾートが大好きで、よく行きます。
今回はディズニーランドと歯についてお話ししたいと思います。

皆さんはディズニーランドに歯科医院があるのはご存じですか?

パーク内を歩いているとこのように看板があります。

職業柄どうしても歯のイラストに目がいってしまいます!

ディズニーランドに、歯医者さん?
気になって見たところ、残念ながら診療はしていませんでした。

看板のみの歯科医院でした。
実は、ミッキーたちがこっそり通っているのかもしれませんね。

そしてもう一つ、パーク内で隠れミッキーならぬ”隠れ歯”を見つけました!

ミッキーのお家にこのようなお手紙があります。なかなか気付きにくいところにありますよ!

歯のメインテナンスの案内のお手紙です!
メインテナンス習慣がミッキーにもあるのでしょうね!

では皆さんはいかがですか?
最近歯医者さんでメインテナンスを受けていますか?
痛くなる前に定期的に来院し、むし歯や歯周病を予防しましょうね!

来院をお待ちしております!

TOPへ

2015年

明けましておめでとうございます。

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 歯科医師の中野です。

 

皆様は年末年始をどのように過ごされましたか?

自分はというと、大晦日にはかねてから計画していた除夜の鐘を打ちに、高台寺に行って参りました。ところがなんと、お寺の周りは人だかりが・・・そして整理券を待つ大行列ができていました。さらに1組前で鐘をつける順番が打ち切られるという奇跡が起きて、2014年を締めくくりました。

2015年はいいことがたくさんあるはずです。そう願います。



今年は昨年以上に精進し、周りの人や患者様に還元できるよう努力します。

今年もよろしくお願い致します。

TOPへ

今年もよろしくお願いします!

新年明けましておめでとうございます。
なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 受付の楠田でございます。
皆様におかれましては、おだやかに初春をお迎えのことと、お慶び申し上げます。
私はと言いますと、ここぞとばかりに溜め込んでいた本を読み、映画を鑑賞し、のんびりと新年を迎えることができました。
お正月は姪っ子たちと凧上げをしたのですが、あいにく風が無い日でなかなか飛ばず。。
無邪気に走り回っている子供たちをひたすら動画に納めるという叔母バカっぷりを発揮して終わりました。笑
来年は羽子板も用意してお正月グッズを備えていきたいと思います。
このお休みの間にエネルギー満タン補充できましたので、2015年も益々成長して皆様のお力に少しでもなれるよう、精進して参りたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します!

TOPへ

2015 .1.1

皆様 新年あけましておめでとうございます。

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長 中居です。

本年もさらなる精進と向上を目指し、スタッフ一同精一杯努めてまいります。

昨年同様よろしくお願い申し上げます。

 

さて、年末は仕事終わりに気が緩んだのか、年始にかけて風邪でずっと体調が優れなかった。年初の大雪もあり、ずっとこもって仕事をしていた。

というか、そうしないと間に合わない仕事が山積されたまま年を越していた。

 

そんな混沌の中、どうしても会って話をしなければならない件があり、年の瀬大阪に出かけた。

信頼できる旧知の仲間である。口の悪い私が信頼できるというのだから見識あるしっかりした人柄であるが、当然業界のマイノリティではある。

なんてことを話した後に、「我々っていくらか変人だよな」と同意を求めたところ、眼前の御両名から「一緒にされたくない」と言下に否定された。ほのかな心の連帯ははかなく消えた・・・

さらに私も尊敬する「Y先生並み」に「変」と評された。この業界での彼らの立ち位置は希有で、それを維持しているのは私にしてみたら充分変人に帰属すると思われたが、彼らにそう反応されたということは、、、

私はもっと上のカテゴリーに属しているらしい。笑

 

それを人は「変態」と呼ぶそうだ。

 

まあ、元旦に寺町の雪化粧を見ながら論文の草稿書いたり、文献渉猟しているのはやはり奇妙だろう、普通の人からしたら。

 

でも、それもこれもなかい歯科のミッション!良質の医療による社会のQOLの向上のため、家族も、スタッフも、友人も、そして患者様も、どうかご理解いただけたら幸いです。

 

TOPへ