RSS

最近のこと

 こんにちは なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科医師の陳 資史です。

 11月になり、急に寒くなりお身体をくずされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 先月は、静岡の浜松で開催された日本口腔インプラント学会の中部地方会に参加してきました。院長がランチョンセミナーおよびハンズオンの講義があるということもあり、お供して来ました。

院長の興味深いショートインプラントの発表も聞くことができ大変充実した日を過ごせました。また、院長のご友人の先生方とも現代の歯科医療について夜中におよぶまで議論でき大変よかったです。

今回知り得た情報は今後の臨床に活かせたらと思います。

話は変わって、宇治の黄檗山というところで中国のお祭りがあったので行ってきました。

  

お祭りの名前は普度勝会慰霊大祭です。

小さい時から参加していた中国のお祭りで、このお祭りではお寺に2泊3日で寝泊まりします。精進料理を2日間食べ続け、最終日に精進明けということでお肉料理がでます。お祭りのフィナーレは写真のように亡くなられた方のミニチュア版の家を作り、最終日に燃やし、精霊を天国に送るという儀式があります。神戸や横浜の中華街でもやっているようです。

昔、霊幻道士というキョンシーの映画が流行ったと思うのですが、それをイメージしていただくとよくわかると思います。

大人になった今は幻想的ですてきなお祭りですが、昔は怖かったイメージしかありません。

小さい頃は線香も日本の線香とは違い、束で持っていると火が再度でてくるため、小さな手で線香をもっていると煙たい上に、怖くて仕方なかったのを思い出します。

 年々参加者も減っているようでこのようなお祭りが文化がなくならないようにしないといけないなと感じました。

ちなみに黄檗は中国からインゲン豆を由来したインゲン和尚が居た禅のお寺です。

蓮の池などもあり、建物自体がすてきなところです。ぜひ足を運んでみてください。

TOPへ