RSS

TRUE PREP

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

秋も深くなり、やっと衣替えをした。

相変わらず、凡庸なものばかりで代わり映えしないワードローブの変化のなさに改めて気づく。

 

また少し昔の話から。

80年代前半の「ポパイ文化」の薫陶をうけた方の中には、おそらくオフィシャル・プレッピー・ハンドブックなる本をご存知の方もいらっしゃると思う。

当時、アメリカのアッパーミドルクラスの大学生のイケてるリアルなライフスタイルが紹介されていて、ベストセラーになっているというふれこみで出版されていた翻訳本だ。

彼らの細かい決まりごとが書かれていて、それが諧謔であるということに気が付くまでには少し時間を要した。それくらい気の利いたパクリどころ満載でファッションソースとして「使える」と誤解されやすい内容だった。

 

あれから30年・・・、同じ著者でその続編”True Prep”が本国で発売された。

 

円高に便乗し取り寄せて読んでみた。

明らかに違うのは「 ファッション < スタイル 」ということに傾注した内容になっていおり、本作は諧謔の意図が読み取りやすくなっているようだ()

「ようだ」というのは、アメリカに関しては、首都と歴代大統領の名前ぐらいしか分からないぐらいのアメリカ音痴の私なので、この30年の彼らの世界観の変化は正直読んでいてよく分からない。

 

しかし、やはりファッションに関しての記述がやはり面白い。

「最良のファッションは何も主張しないファッションである。」

彼らも、家庭を持ち、リーマンショックと9.11を経て、モバイルが手放せなくなった現在でもコンセプトにぶれはない。

 

 

 

改めて自分のワードローブを見て、まぁ、こんなもんで充分いいんだろうと見まわした。

十年前とあまり変わらず、大きな違いは「ユニクロ」が増えたことぐらい。たぶん、十年後もあまり変わっていなさそうな気がする。

 

今年の冬も主張のないファッションでいこうと決意を新たにした()

 

PS 届いた本はたまたま著者の直筆サイン入りだった。

知らずに風呂場で読んでグタグタにしてしまった()。来年初頭、邦訳版が出るらしい。

TOPへ

歯科助手の 間 寛子です

初めまして(^^)/

 

9月から なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンターに仲間入りした、歯科助手の間寛子(あいだ ひろこ)と申します。

 

皆様にご迷惑をおかけしますがどうか温かく見守ってください(T_T)

院長や先輩方にも迷惑をかけながら教えて頂いています(*^-^*)

 

 

今日は美味しいご飯を紹介します☆彡

 

 

タイカレーです(´∀`*)

 

スッゴく美味しくて辛くて幸せでした☆彡

 

この後ケーキも食べました(^-^*        

 

とっても美味しかったです(*^-^*)

 

幸せいっぱいな時間を過ごしお腹も心も満たされたました(*・ー・)

 

 

また今週もお仕事頑張れます(^^)

食べた後はもちろん歯磨きもしましたよ

 

ごちそうさまでした(*^_^*)

TOPへ

ペンネとお月さま

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 受付の宮下です。

 

あったかかったと思ったら、急に寒くなったりで、体がついていかないですねぇ(T_T)

皆さん、風邪がすごく流行ってるようですが、大丈夫でしょうか??

私の家族もひいてるんですが、私は体が丈夫なので、一切移る気配なしです(^_^;)

皆様も体調崩されないようにお気をつけ下さいね☆

 

さて、またまたワックス掛けの後の食事会のお話になるのですが……。

今回の食事会は、いつもと一味違う会になりました!

なぜかと言いますと、今回は、ピザやお寿司などをデリバリーして、なかい歯科のセミナールームで行ったんです!

 

そして、何より院長お手製のトマトソースのペンネ

日々多忙を極めている院長がトマトソースも一から作って皆んなに振る舞って下さいました(≧∇≦)♪

お料理も完璧なんですよ(^^)

 

締めは、キルフェボンさんのモンブランを頂きました♪(´ε` )

欲張って25センチのホールにしてしまったんですが、ちょっとおっき過ぎましたヽ( ̄д ̄ ;)

 

 

さて、

話はまたまた変わって、つい最近、すっごいお月様が出てたんです

写真では分かりにくいですが、ほんっとにキレイで幻想的だったんです☆*:.. o(≧▽≦)o ..:*

見られた方は分かって下さいますよねぇ(^^)

月の周りのおっきな輪っか、見えますかぁ??

 

 

 

実際の迫力は、ほんとにすごかったんですよ。

TOPへ

京都大学にて

こんにちは なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

先日、京都大学での東日本大震災チャリティーシンポジウムに声をかけていただき、“インプラントの審美症例”に対する問題提起というかたちでお話させてもらった。

アテネから弾丸帰国した週末だったこともあり、疲労と風邪で声がグタグダになって申し訳なかったが、セッション自体はうまく終了した。

 

時計台記念館での開催。普段の歯科学会にはないその威容はさすが「京都大学」という感じで、各演者とも感嘆の声を上げていた。

 

 

 

日本では歯学という分野は、歴史的に私立の専門学校の起源から拡大し、官立の歯学部設置はずいぶん後回しになった。結果的に東大、京大と言った日本を代表する帝大への設置はなかった。なので、教育講座としての歯学部は双方ない。

医学部の中に歯学部が設置されている国もあるようだが、歯科の特殊性や種々の歴史的経緯からこういう事情になっているのだろう。

 

近くにあるのに遠い大学、それが京大。まるでどっかの国みたいだが(笑)。

幸い今回入室できたので、少し近い大学となった。

 

 

震災復興支援活動は継続が必要と言われている。

 

どれだけ助けになるか分からないけれど、来年もまた開催予定で既に演者のお話をいただいた。本年はバランスのとれたいい内容だったように思う。

歯科関係者の方は、来年もぜひご参加いただきたい。

TOPへ

アテネの会食とミシュランと

  

 

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

前回からのつづき・・・

 

まったく運良く(着くまでドキドキだったが)感じのいいのレストランで、ここでしか会えないメンバーと食事をした。

 

 

右から、EAO認定医の高梨先生(東京都)、EAOで知り合った友人のニコラ(スペイン)、私の誇れる後輩の大月先生(スウェーデン)。

ミシュランには載っているような店ではないが、大変気持ちのいい会食だった。

そして、驚くような低価格と、世界遺産アクロポリスの丘(パルテノン神殿)を望むすばらしい眺め!!

 

 

 

 日本では、また奈良も含めた関西版ミシュラン発刊が話題になっている。

それはともかく、旅先でドキドキ感なく食事や宿を決めるとなるとやはりミシュランの安定性は認めざるを得ない。大きなはずれはない。ただ、上記のようなバーゲン会場で見つけたラッキーな当たり感も少ないと言える。

 

 そうでなくとも短い滞在だからはずしたくないというのであれば、ある程度の出費とは引き換えにその安心をミシュランに求めるのは決して間違いではないと思う。また話題前の良店もしっかりリサーチされている。

 

しかし、諸国に行くたびにその国々のミシュランを手にするというのは非効率だ。

 

そんな私にピッタリなのが、「ヨーロッパ版ミシュラン」。

つまり各国主要都市に限局した内容のダイジェスト版になっている。名前も聞いたことない地方や秘境への滞在がなければこれでほぼヨーロッパ各都市はこれでカバーされている。

 

 

来年はまたカザフスタン、そしてウィーンとコペンハーゲンが予定されている。

かれこれ5年遅れとなった私のミシュラン、そろそろ最新版を買おうかなぁ・・・。

TOPへ

EAO in Athens 

こんにちは なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

 

今回は、関西空港から出発→トルコ:イスタンブール

経由し、ギリシャ:アテネに入った。 

 

 

 

 

 

 

機上から見るエーゲ海の島々はこれまで見たことのあるどのランドスケープとも違う荒々しいものだった。ロベルト・ロッセリーニ「ストロンボリ」という昔の映画の中で見た厳しい地勢の様を想起させられた。

荒ぶる神々の島である。

 

 

 私にとってイスタンブールという響きは、昔から地の果てというイメージだった。それは竜飛岬とかといったものと類似する何かがある。あちらとこちらの文節点のような感じと言ったらいいのか。

 

たった一時間のフライトなのにエーゲ海を渡った先はオリエントのあちら側だった・・・。

 

風の香り、空の色、耳慣れぬ言語など五感全てで地球各所の差異を感じる。

 

旅の喜びはまさにこの知覚体験につきる。それはまた慌ただしい日常とおびただしい情報に流され本来の位置からずれて始めている自分自身を、客体化し修正することでもある。ちょうど機械式時計の針を時々標準時に調整し直すような作業と言っても良いだろう。

 

現在、騒乱のギリシャであるが運良く会期はその谷間に収まり、ことなく帰国することができた。

 

      

  

また、夕闇に浮かぶアクロポリスの丘の見える瀟洒なレストランで、運良く旧知の友人らと食事をともにすることができた。

 

その話は後日。

 

追伸

おそらく本邦初、世界最新のメインテナンス用機器の導入に成功しました。

なにせ例外的なことなので、現地での購入交渉から輸入手続きまで素人の浅知恵でどうなることやらと思っていましたが。

後日、認定専門衛生士の横谷からも紹介があると思います。世界標準のハードでメインテナンスのクォリティーが飛躍的に向上します。ご期待ください。

TOPへ