RSS

なかい歯科 焼き肉部会

 

お久しぶりです、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

ようやく酷暑が過ぎ、爽やかな気候になって来たので、先週 なかい歯科・焼肉部会のミーティングを行った。

今までも定例的に医院のみんなで焼き肉ミーティングを行っていたが、今季から「肉嫌い」「魚介がいやだ」「ピザもパスタも好きじゃない」なんてワガママな女子も増えたので、変則的に実施した。

みんなで今年の忘年会をやるにはいったいどこへ行ったらいいのだろう、と考え夜も眠れない日々が続いている…。(ウソ)

 

 

それはさておき、そんなわけで少数精鋭の「焼肉部会」となった。

といっても、私と新人2名の計3人、近所の木屋町「」で。

何を隠そう、私は生粋の「肉食系男子」である。(あくまでも食の好みとしてである。誤解の無いように。笑)

生まれ育った土地の魚食系の食事にうんざりした反動から、精緻な魚料理にはあまり興味のない無粋な男である。魚リテラシーは相当低い。唯一、スコティッシュサーモンだけは例外だが、あれも肉々しいことには変わりない。

 

いい歳をしてと自責するが、肉より魚が偉いというのもちょっと違うような気がする。

肉だって、季節感こそ魚に譲るもののその多様性は大きい。アンガス牛の赤身やブレス鶏の滋味は肉のコンセプトを変える力を持っていると思っている。

 

その夜は、普段は流通していないような、珍しい部位の肉をいろいろいただいた。同じ牛といえどもこうも部位によって旨味の違いがあるがあるのかと、少し得した気分で楽しんだ。一頭買いの弘だから提供できるものらしい。

 

肉食系+非アルコール系な3人が揃ったことも有り、片手にはビールではなく白ご飯!

スタッフが美味しいと喜んで食べていたのが何より嬉しかった。

 

ごちそうさまでした。

TOPへ

SODOH 東山 京都 > ザ・ガーデン・オリエンタル京都へ

こんにちは\(^o^)

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 受付、宮下です。

 

朝晩は少し涼しくなってきましたが、まだまだ昼間はあっついですねぇ(>_<)

大型台風もやってきたりと、皆さま、大雨や強風に気をつけて下さいね。

 

さて、先日2ヶ月に一度のなかい歯科恒例、大掃除&ワックス掛け&お食事会でした。

ワックス掛けも慣れたもので、いかに素早くムラ無くキレイに掛けられるか、楽しみながらやってます( ̄▽ ̄)

自分の掛けた所を見ながら、自己満足してます\(^o^)

次回は10月末なので、掛ける前と後、見比べて見てください(^^)v

 

そして、掃除後の食事会♪♪

今回は、院長が不在のスタッフのみの食事会で。

好きな所に行っていいよと言っていただき、高台寺のTHE GARDEN ORIENTAL KYOTOさんに接客、接遇のお勉強も兼ねて(^_^;)行かせていただきましたぁ♪♪

食事はもちろんどれもとても美味しく、スタッフの方々一人一人のお客さまへの心配り、配慮、高い意識を持った接客、さすがです! 

      

 

 

すごく気持ちよくお食事出来ましたo(≧▽≦)o

とても大事なことですよね!

学ぶ所が沢山あった、今回の食事会。

まだまだ半人前なので、あんな風に気持ちのこもった接客を目指し、これからも頑張って行きますp(^_^)q

 

院長、ご馳走様でしたm(_ _)m♪♪

TOPへ

「大人のための予防歯科」はじまる!?

こんにちは なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 事務局です。

 

さて、近頃 “歯科口腔保険法”という法律が成立したことをご存知でしょうか?と言っても、興味無いですよね普通・・・。笑

出来るだけわかりやすく翻訳?してみますのでよろしければお付き合いください。

 

ひと言でいいますと、これからは「大人のための予防歯科」が保険診療で積極的に認められるようになるということです。

これまでの歯科の保険制度は、悪くなるまで放置した疾患を治療する事に対しては保険の適用が認められるものの、健康な状態を積極的に維持し予防したいという意識の高い方への治療(処置)には不充分なものでした。

 

しかしこの度、「国民は歯科口腔保険の正しい知識を持ち、定期的に歯科を受診し日常生活で歯科疾患の予防に向けた取り組みをおこなうよう努めよ」という法律ができました。なんてステキ♪♪

予防により歯を失う率が下がることで、全身の健康はお口からはじまるという事実が認められたのです。

 

 

ところで、

なかい歯科には多数の外国人患者さまがお見えになりますが、彼らのお口の中は大抵とても綺麗です。

「そう!欧米人は生まれつき歯が丈夫なのです」なんて訳はなく、幼いころから、髪が伸びれば床屋さんへ行くように、季節が変われば歯科検診“CHECK UP”を受けることが自然に身についているだけなのです。

面倒に思える事も、習慣化してしまえば楽になり、しまいにはやらないと気持ち悪かったり落ち着かなかったりするように、日本に住んでいても当たり前に歯科へ来られます。

もっとも、海外ではこれらを怠り虫歯になったり歯を失ったりすると、日本の治療費の1020倍と言う高額な医療費の支払いが待っています。

一般的に欧米では、「予防はしっかり面倒見ますよ、でも悪くなったら自己責任で治して下さい」であるのに対し、日本では「悪いところは治せますよ、でも予防は自己責任でね」という反対の現象があるのです。

 

 

そんな予防歯科の最先進国フィンランドでは成人の定期健診の受診率が80%(子供は100%!!)を超えるのに対し、日本の同受診率は10%程度というデータがあります。

 

ですが、実はなかい歯科の患者さま方は、なんとスウェーデン並みの検診受診率を誇ります。

意識の高い患者さまに選んでいただき、大変嬉しく思っています。

 

この、定期健診や予防歯科の主役は、国家資格である「歯科衛生士」。

次回は、彼女たちにしかできない、さまざまな歯科衛生士のお仕事ぶりについてレポートできればと思います。

最後まで読んでいただき、有難うございましたm_ _m

TOPへ