RSS

「患者様」が医療を壊す 後編

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

 

前回からのつづき・・・

 

おふたりそれぞれ、下顎に脆弱な歯を2、3本残したほぼ総入れ歯に近い患者さん。補綴難易度はともに最高レベル近い。

 

 一方の患者さんは、予算の上限を決め、こちらの提案する治療案を受け入れていただき、特に注文、不満を口にすることもなく完成した。

ただし途中の移行期には、こちらから見ても咬めなかったりしてしんどい時期も長かったと思う。しかし、そこにいちいち言及せずじっとこらえて通院していただいた。

私も最短コースで軸のぶれないおちついた仕事ができた。

 

 もう一方は、費用に大きな制限は付けなかったものの、その要求ポイントも独特で、ご自分の職業に起因する治療への持論をしっかりお持ちの患者「様」。

私が最善と考える提案はしばしば却下、変更を余儀なくされ、そのことによっておこる治療中の偶発症状にも耐えかね、しばしば急患として来院された。

治療は後手後手となりなかなか進まず、今度はご自身がそのことにストレスを感じ、ようやく完成までこぎつけたものの、患者さん自身の強い希望を最大限組み入れ具現化したことによる偶発症はその後も頻発し、、、、。

 

 言うまでもなく結果の差は明らかである。

前者の方には「この上なく良くなった、入れ歯が入ったのを忘れてしまっている」との感想をいただいた。一方、後者の方には不満足が残ったままだ。

 

 

 患者「様」と呼ばれ始めて一見以前より大事にされたようになって久しいが、果たして本当にこのやりかたが患者への受益になったのだろうかというのが岩田氏の論旨である。

こう解説していても、とても難しい話である。

 

 

誤解を受けやすい話だが、ただドクターに丸投げしろということではなく、自分でも考えて必要な知識も最低限得て、その上で「先生お任せします」と「演じる」ことが必要なのだと力説している。

それによって、ドクターの知識、技術は最大限に引き出される。

 

さらに言えば我々も日常「ドクター」を演じている。そして患者さんを読んでいる。演じている患者さんを読めている。お互いがお互いの役を演じてそれを理解しあう、その大人の関係が理想的なのだと言うわけだ。

 

 昨今、いろんな医療情報をこうしてネット検索できるようになって、患者さんが得られる情報は飛躍的に多くなった。それは最低限の知識を得るという意味でとてもいいことだと思う。

ただ、「私はこのくらい良く知っているんだ」と顕示する方に限ってその知識は不正確で偏りがあったりして、むしろ有害なドグマを形成する不要な知識だったりする・・・。

そうして間違ったチョイスをして不幸な目にあった(あってきた)方々を我々は日常多く目にしている。別の言い方をすればネットの情報の確度はその程度であると思った方がよい。

 

 当たり前だが、我々はプロフェッショナルとして、歯のことばかり何年も何十年も毎日考えて続けている。命をかけて。あるいは命を削るようにして・・・。

 

それによって蓄積された強固で膨大な知識体系が短期間にネットで得られた知識に並ばれるはずがない。同様のことを岩田氏も述べている。

 

 

 患者さんにおいては、「お任せします」というのはとても勇気のいることだ。もちろん、わからないことはどんどん質問してもらえば良い。しかし、最低限の知識と、ある程度納得のいく話し合いで大枠が決まったのなら、そして主治医がまあいい人なんじゃないかなと思えたら、後は「お任せします」でいいんじゃないかと。

 

 

 

私もいつかどこかで患者になる時が来るだろう。そのときは、信頼した医師に「よろしくお願いします」とだけ言って、あとは鼻歌でも歌って回復するのを待つようにしたいと思った。

TOPへ

「患者様」が医療を壊す 前篇

 

こんにちは なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

「患者様」が医療を壊す

 

 なんとも、ドキッとするようなタイトルの本を読んだ。立場上誤解されそうで、あまり人前で読みたくはない(笑)。

 

著書は岩田健太郎氏、30代で神戸大学の教授となった感染症が専門の俊英である。氏の著書を読んだのは二冊目で、一冊目は抗生物質に関する専門書だった。「患者様・・・」はたまたま書店で見かけた内容がすばらしかったので迷わず買った。どうすばらしいかといえば、とても客観的で理論的で、ドグマにおかされておらず(この領域にはそれが結構多い)、でも落としどころは明確でとてもプラグマティック=実用的である。

つまり、自信を持って「使える」本なのである。

 

   実のところ、細かい内容はかなり忘れた。必要なときそれはまたページを繰ればいいだろう。忘れられないのはその論理展開力と筆致の勢いである。才能がそのままページの上を踊っている感じ。誰だ、こんなにすごい書き手は?と思ってあとがきを見たら、なんと私より若い先生で、二度驚いた。

この後、教授となり、気鋭の論客として厚労省行政の重責も担われているようだ。

 

 そんなわけで、この本の話。

 

 変形新書版で一般向けの内容である。大きなテーマとして、

 

「あなたが患者として治療を受けるとき、医者はどう考え、あなたはどう振る舞えば最もいい治療が受けられるのか?」

 

という命題に対し,論理性-客観性を維持し論理展開されながらも、感情-経験則的にすぎるのではという着地点が用意されているのがタイトルと同様驚くポイントである。

 

 

結論を言うと、

 

「患者らしい振る舞いを演じろ」

 

「時には見て見ぬ振りをせよ」

 

「細かいことはいわず主治医を信じてお任せせよ」

 

となんとも時計の針が何十年か逆に回ったような、現代では人前でうかつに言えない「こわい」ことをおっしゃる。

 

しかし、そこに行くつく思考の過程、患者-ドクター間コミュニケーションの分析は前著と同様で澱み、破綻がない。で、結論がこれである。

 

私は氏ほど勇気がないので小声で言いたいが、これは「真」であると思う。

 

 

 

最近も、これを実感する典型的な2症例を経験した。

 

次回へ続く・・・

TOPへ

ホワイトニングをはじめませんか?

みなさんこんにちは

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科衛生士の中町です。

 

季節の変わり目で、体調などお変わりありませんか?

風邪が少し流行っているようなので、お気をつけて(>_<)

 

 

ところで

 

私は6月12日、大阪で開かれた日本歯科審美学会の「ホワイトニングのセミナー」に参加してきました()

今回、専門学校での勉強よりもっと深い知識を得ることができたので、今では自信をもって患者さまにお勧めすることができます。

 

みなさんご存知の通り、ホワイトニングとは、最近広い世代の方々に注目されている、白い歯になるための方法です!

 

なかい歯科では、ご自宅で手軽にホワイトニングが行える『ホームホワイトニング』という方法をご紹介しております。 

この症例は、60歳代の女性です。性別や年齢を問わずさまざまな患者さまがお試しになっています。

 

        

    開始時 A3.5(元の歯の色)     →  終了時 A2(患者さまお好みの白さまで)

 

よく『ホワイトニング酸化剤歯が溶ける』と思われがちですが、実際には歯の着色物(有機質)を活性酸素で分解して白くするため、溶けることはありません。

 

ホームホワイトニングは特に、薬剤の濃度も低く、歯にも歯茎にも優しめですよ(´∀)

 

歯の黄ばみや着色が気になる方、今よりもっと歯を白くしたい方!

興味をもれましたら、お気軽にお声掛けくださいね

(ホワイトニングが禁忌の方もいらっしゃいますのでご相談ください)

審美歯科やホワイトニングの症例写真はこちらをクリック!

 

TOPへ

はじめまして 歯科助手の中山です

こんにちは。はじめまして。

五月より なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンターに仲間入りさせていただきました、歯科助手の中山 春奈です。

 

私は三月に京都へ引っ越して来たのですが、独特な京都の地理に未だに慣れず、元来の方向音痴加減も加わってよく道に迷ってしまいます。

 

ある京都の先輩にアドバイス頂いた事には、慣れてしまえば頭に碁盤の目のような地図をイメージ出来るようになり、そうなればどの地域よりも分かりやすい地理に感じるとのことでした。 

 

 

歯科助手のお仕事についても京都の道と通じるものがあるなと感じました。

 

歯科については全く初めての事ばかりで、毎日新たな驚きや発見があります。

現在研修中という事で、歯科助手の仕事内容のあらゆる事について、日々勉強させて頂いております。

まだ頭の中は整備されていない未舗装の道路のような感じです。

早く頭に仕事の全体像をイメージできるよう、様々な事を吸収していきたいと思います。

 

不慣れな点でご迷惑をお掛けすることも多々あると思いますが、日々精進していきたいと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

TOPへ

最近のいろいろ

こんにちは!なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 院長の中居です

 

カザフスタンから帰国し、ほっと一息と思ったら、学会シーズン到来。

先々週末は広島での補綴歯科学会へ、先週末は福岡での歯周病学会と東京での講習、その間京都にいらした某大学教授との今後に向けてのいろいろな話し合い、、、などなどいつものように休む間はない。

 

その学会にて。

こうした学会に参加して最近感じるのは、私自身の「参加の意義の変化」である。

以前はそのコンテンツ、つまり討議・発表の内容そのものだったわけだが、最近はそれに加えて「人との出会い」がとてもとても大きなウェイトを占めていることに気が付く。

互いに顔と名前は知っていてもそこから大きく動くことのないお付き合いや、メールのやりとりだけのお付き合いでは突破できないコミュニケーションの壁がある。

いろんなご縁でできた出会いの萌芽に、水をやり時間をかけて成長させるように、、、、。その背丈は少しづつ伸びてきているような気がする(たぶん)。この事実ばかりはFacebookも及ばない。

 

そんな当たり前のことにようやく気が付いた。

というかそれを自覚できるようないろんな条件が自分の周りに整ってきたこともあろう。

昨年、認定医資格を取得した、EAOヨーロッパインプラント学会(アテネ)へもやはり今秋行くことにした。

やはりというのは、当初は参加を躊躇していたのだ。しかし、日常出会えないさまざまな人達に出会うことを大きな目的のひとつとして行くこととした。

 

しかしながら、おなじみの診療終わりに空港直行、往復ともに機内泊、帰った翌朝からすぐさま診療!という、何ひとつ余裕のない相変わらずの弾丸トリップだが、、、()

TOPへ