RSS

続きまして犬の歯!

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 衛生士の河野です(=゜ω゜)

 

ようやく涼しくなってきたかなぁと思っていたら、やっぱりまだ昼間は暑いですね…

 

連休を利用して親戚のいる長野に行ってきましたッ!

京都とは違って、長野はもうしっかり秋☆

秋を思わせる稲刈りが、どこの田んぼでもされていました。

 

親戚の家にいる犬のリュウを連れて、田んぼのあぜ道をブ~ラブラと散歩♪

空気も良くて、とっても気持ちが良かったです。

 

        

さてさて・・・

前回に続きまして、今回は犬の歯です。

 

犬の歯の乳歯は全部で28本。生後3~4週で生え始め、12週目には生え揃います。

生後3ヶ月頃から乳歯が抜けはじめ、7ヶ月頃までには全部で42本の永久歯が生え揃うのが理想的です。

 

犬は虫歯はあまりなく、歯の病気の6~7%程度にすぎず、歯周病が圧倒的に多いです。

その歯周病は、人間と同じで歯垢や歯石が原因のためハブラシでの清掃が普段から必要になります。

歯磨き粉は使用せず、ガーゼや犬用ハブラシ、または人間の小児用の毛の柔らかいハブラシで磨くと良いです。

なかなか家では難しいかもしれませんが、怖がらせずゆっくり少しずつ慣れさせる必要があります。

人間の子供がハブラシに慣れさせるために、まずは遊び道具感覚で持たせることから始めるのと似てますね(*^.^*)

しっかりブラッシングして健康な歯を守っていきましょう!

 

次回は、どの動物の歯についてにしよ~かなぁ・・・・・()

TOPへ

適正な評価 適正な医療 その2 適切な技術 “apropriatech”

 

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

前稿に引き続き。

 

前稿「ある歯科医の嘆き」では、“良い治療”について一般的に書いた。

しかし、すべての方に 時間 と お金 と 理解 を求めることは現実的に不可能である。それを一方的に求めることは我々医療者サイドの独善である。また、すべての患者さんが最新最高のハイエンド治療を求めているわけでもない。

その患者さんごとに適切なアプローチというものがあるはずだ。

 

現代医学の成果がややもすると、“ハイエンド“な、つまり“高度先進的な方向”に向かいがちであることに一石を投じたく、この度専門誌に一論文を寄稿させていただいた。

大学教授でもない一介の若輩開業医が、単独著者として執筆させていただけるのは名誉なことだとありがたく思う。

内容は私の専門の補綴治療に限られた話であるが、簡単にいうと

 

「個を見て適切な治療法を選択しましょう、適切な治療法とは時にシンプルなものです」

 

というコンセプトのもと、総入れ歯の一治療法を現代的科学的視点から提言させてもらった。

我々は、「複雑」であれば「巧い、良い」と勘違いしてしまう危険がしばしばある。

 

 

掲載はまだ先だが、歯科では最大発行部数の「クインテッセンス」だけに、おそらくは多くの歯科医師の目に触れることになるだろう。さて、適正と評価されるだろうか。

TOPへ

歯科英会話教室がSTARTします!!

こんにちは!なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 受付の宮下です(^0^)/

台風が過ぎて、ようやく朝晩は涼しく、秋らしく(?)なってきましたね(^_^;)

しかし、まだまだお昼間は日差しがキツイっ(+_+;)

この暑さ続きで沢山の秋の味覚にも、影響が出てるようですが……

美味しい季節がやって来ましたねp(^^)q

食いしん坊には楽しみです♪

 

 

さて、今週から本格的に なかい歯科英会話教室「初歩から学ぶ、英語での歯科診療に特化した英会話がスタートします☆

 

恥ずかしながら、今まで私は、最低限の片言のぎこちない英語で、かろうじて予約をとったり、お会計をしたりしてきました(__)

 

これから教えにきて下さるマット先生から沢山学んで、

話したいこと、伝えたいことを全部伝えられるようにしっかりと授業をうけますp(^^)q

伝えきれないもどかしい思いとは、サヨナラします(^0^)/~

 

 

        

 外国の患者さまとも早く楽しいお話が出来るように頑張りますねp(^^)q

 

 

他院から参加の方もいらっしゃいますので、興味のある方は是非ご連絡くださいませ

TOPへ

残暑と虫歯の意外な関係

こんにちは!なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科医師の是松です。

 

まだまだ最高気温が連日35℃を越す日々ですが、みなさま夏バテにはなっていないでしょうか?

残暑は厳しいですが、夜は過ごしやすくなり、時折トンボを見かけたりするなど、秋の気配を少しずつですが感じております。

 

でも、連日こんなにも暑いと、ついついアイスに手が伸びたり、食欲が落ち何回かにわけて少しずつ食べたりするのではないでしょうか。

虫歯になる原因には砂糖の摂取などの他にも、「飲食の頻度が多い」ことも関係してきます。

歯科の側面から見ると、そのようなことも虫歯に関係していることを少し頭の片隅においていただけたら幸いです。なかい歯科の虫歯や一般歯科の治療案内はこちら。

 

こんな暑い時には雪国の映像を。 

 

 

札幌では冬に雪が降ると反対側を歩く歩行者が見えなくなるのです!

実際に住んでみると、冬の雪の中での生活は厳しいこともありましたが、その分、春が到来した時の喜びは言葉には表しがたいものがありました。

 

しばらく札幌には行けておりませんが、9月中旬に札幌で行われる、日本口腔インプラント学会へ出席する院長には、私の分も札幌の空気を堪能してきて欲しいと思います!(笑)

TOPへ