RSS

♪長崎へ行ってきました♪  雲仙の地獄と立派なグラバー邸

こんにちは♪なかい歯科御所南ほてつインプラントセンター 受付 宮下ですm(__)m

 

なんだかはっきりしないお天気が続きますねぇ…

桜の時期も終わり、4月も終わりというのに、寒いっっ(*_*)

 

なかなか春らしい格好が出来ずに、ヤキモキする日々です(-.-;)

 

 

先日、母と初めての二人旅をしてきました。

父はお留守番(^_^;)ゴメンネェ~!

 

一泊二日、長崎の旅☆

 

 

当日、京都は雨降りだったのに、九州に着いたとたんに晴れ♪♪

二日とも、お天気に恵まれました☆

日頃の行いがいいしやわっp(^^)q

 

雲仙の温泉で一泊し、

翌日は長崎市街を散策☆

すごくステキな町並みと、ものすごい急な坂にお家が建ってるのにビックリ!

 

新地中華街でちゃんぽんと角煮まんを食べて、グラバー園でハートストーンを拝んで(笑)

 

 ←(園内にある二つのハートストーンを見つけて、撫でたらいいことがあるんですって(^^)♪ )

 

あっ!写真だけ撮って撫でるの忘れたっ(T_T)

 

 

 

小腹が空いたとちまたで人気の豚まんをほぉばり、ご満悦(≧∀≦)♪

沢山歩いたし、カロリー消費されてるよね(^_^;)と、言いながら、

長崎駅に戻ってからちゃっかりお茶(ケーキも♪)までしてしまいました☆

あっという間の二日間、常に何か食べてた気が……

 

ちゃんと愛用のお出かけ用「ルシェロ」、持って行ってご馳走の後はしっかり歯磨きしましたよぉ♪

 

やっぱりルシェロは磨きやすいっ♪

 

 

母との二人旅、すごく心に残る旅ができました(^O^)またどこかへ行きたいな☆今度は父も(?)

 

TOPへ

帰国しました

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

この度の休院に際しては、多くの患者さんにご迷惑をおかけしました。いつもご理解とご協力ありがとうございます。

 

というわけで、カザフスタンから無事かえった。

 

 

 

ヨーロッパ経由便を選んでいたら、アイスランド火山噴火のため予定通り帰国できないところだった。延泊を余儀なくされた欧州組には悪かったが、私自身は完璧に予定通り。また、現地の運営委員会に身辺いろいろ気遣っていただいたこともあり快適な滞在だった。

 

講演自体は問題なく終わった。予想はしていたが、通訳を通じてのロシア語/英語でのディスカッションと、私のスピーチがややコンセプチュアルだっただけに質問しづらかったかもしれないが、概ね良い反応を得たとのこと。ほっ。

 

 

さて、講演以外のことを少し。

 

ひと言でいうと伸び盛りの国だと感じた。国情とか国政については他所に正確な情報があるだろうからここでは割愛するが、一点。

あえていうと、「国のリーダーが頻繁に交代しない」こと。

このこと自体について功罪あるだろうが、少なくとも今回は「功」の部分を感じた。何しろスピードが速い。国も、人も、土地も若い。誰でも少し頑張ればsomething newを世に問える。

日本のような閉塞感がないから、彼らのやりがいも大きいだろう。

学生たちのキラキラした目がうらやましかった。

 

なにしろ海外から演者を呼び国際歯科学会を開くということ自体この国でははじめてということだったので、手作り感にあふれ暖かい雰囲気いっぱいであった。会期中要人の訪問もあり、なぜか私もテレビ取材を受けたりした。笑

 

 

 

単発で招かれたつもりであったが、結局今後もある程度定期的に訪問し、卒後教育や共同研究等に携わることとなった。

 

種は蒔かれた。

それが育ち、花を咲かせ、実をつけるまで多くの時間と労力が必要とされるだろうが、こうなったのも何かのご縁だ。日本にいて当院に足を運んでくださる患者さんだけではなく、異国の彼らの向こう側にいる多くの患者さんに対して、私の知識や経験がいくらかでも届き役に立つのであれば、それもまた広い意味の医療貢献だと考えている。

 

 

 

そうした提案を一介の歯科医師として意気に感じ、可能な限りの協力を学長と約束し、帰国の途についた。

 

TOPへ

はじめまして!歯科衛生士の邑田(むらた)です(^_^)

はじめましてこんにちは!

今年、四月から新しく なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター のスタッフに加わりました、歯科衛生士の邑田裕里(ムラタユリ)と申します。

 

 

花冷えの日々が続いておりますが、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか??

 

高校生の時から、歯科衛生士になりたいと夢見て来て、こうして実現した事とても嬉しく感じております。

 

そして、なかい歯科にご縁があった事、感謝しています。

 

まだまだ覚える事ばかりですが、大変さよりも早くお役に立ちたいと思う気持ちの方が高く、楽しく仕事をさせて頂いております。

 

ですが、学生の頃とは違い、実社会は厳しい事の連続だとは思いますので、一日も早く立派歯科衛生士になれる様努力してまいります。

 

みなさまどうぞ宜しくお願い致します。

 

邑田 裕里

TOPへ

桜の花咲く午後の迷宮 

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

 

講演原稿を持って街へ出た。

 

デスクワークはこうして外の喫茶店でやるといつもは効率よく進むからだ。

好天の中、気分がいいので、以前気になっていたCDショップに寄り道。ここしばらくずっとマーラーを買うつもりだったのが、なぜか自分的にはノーマークの洒脱な今日の気分のバート・バカラックへあっさりシフトしてしまった。なんて、こんな経験はないだろうか?

五条の「アジェ」でホルモンをたらふく食べるつもりで勇んで出かけたものの、ライトな気分で途中の木屋町「インデアン」のカレーでサクッとすませてしまった。といったような、、、。

私だけか、、、?

 

この陽気で大手コーヒーショップはどこも満席で、うろうろ医院の方角へ戻ろうとしているとしていると、途中で「三月書房」のご主人の姿を見かけ、忘れていた村上春樹の新刊を注文すると、逆に「『考える人』の新刊入ってますよ。」と教えられる。手に取ると、いつものようにお向かいの「一保堂茶舗」の奥様の随筆が載っていたりする。

 

店を出てそれではと辺りを見回すと、これまで未知のコーヒーショップが向こうに一軒あったのが思い出され、恐る恐るドアを開ける。と、そこは昭和の喫茶室だった。

ビニールシートの20席に満たない小さな店内には、ゆるーい年配の男性二人と隣席に女子学生らしい二人。セレクトレスなラジオかけっぱなしな感じが、初めての小心な客を少しリラックスさせてくれる。

 

女子学生の一人はどこかの親方のような貫禄ある体勢でスポーツ新聞を両手いっぱいに広げて読んでいる。向かいの小柄なもう一人はちょこんと座って、そこに誰もいないかのようにコーヒーを飲んでいる。二人の間に全く会話はない。

フリースのスウェットパンツにランニングシューズをはいた初老の女性が、私のオーダーを取りに来た。コーヒーを頼む。うまいのかまずいのか判断の留保を迫られるコーヒーが出てくる。緊張していたのだろうか?

 

次の瞬間、小柄な方の女子学生によって突如、沈黙が破られた。

「私、最近 片岡鶴太郎って気になるんですよね、、、。」相方の親方、無言。

しばらくして、驚愕のボリュームのサンドイッチが親方に運ばれる。皿からこぼれ落ちないように手前から食べるようにと女主人。さらに「野菜は今だけのオーガニックな野菜」との説明が加えられた。「オーガニック」の「オ」ではなく「ガ」にきちんとアクセントが置かれていた。京言葉のせいだろうか?

 

不条理劇の真っ只中に放り込まれた酩酊感の中、ふと窓の外を見ると、誰の目にも触れることを予定していない桜が曇った窓ガラスの外の空き地で雑木にまぎれてことさらきれいに咲き誇っていた。

 

TOPへ

☆さくら☆

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 衛生士の河野です(=⌒ー⌒=)

 

4月になり、ようやくあったかくなってきましたね♪

 

 

最近よく、なかい歯科に来て頂いている患者さまから「ブログ見てるよ~!」との声が(o)/多くなってきたような・・・??

 

「あそこ、行ってきたんでしょ?」  とか

「たまに真面目な内容書いてるね()おもしろくないやん()」  なんて(〃▽〃)

 

恥ずかしいなと思いながら今日も書いています。

 

今日のテーマは“桜”ですッ!!

 

みなさまは、どこの桜がイチ押しでしょうか?

 

私が個人的に好きなのは、天神川通り沿いの桜並木です☆

この土日は天気も良く、お花見日和でした(≧ω≦)

 

 

 

 

その付近を自転車でブラブラ~♪

たくさんの人がブルーシートを広げて、ドンチャン騒ぎをしていました。

 

 

そして私は嵐電に乗って嵐山まで行ってきました!!

そこで見つけたのがコレ!

駅のホームにあってビックリしましたΣ(゜□゜ ;)     

 

嵐山を散歩して、桜を見て、コロッケも食べて()

帰りに疲れた足を癒やす☆

ステキやわぁ・・・☆

 

充実した1日でした!!

 

 

また、真面目な内容も書きますよ~!!

よろしくお願いします♪

TOPへ

グスターボ・デュダメル 世界で一番取りづらいシート

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

「驚いた。」

以前のブログにも紹介した ベネズエラ人指揮者 グスターボ・デュダメルが、名門ロスアンジェルス・フィルの音楽監督に就任したということで、ロスのセレブリティを集めたその就任披露コンサートが昨晩TVで放映されていた。

若干29歳・・・。ありえない若さ、異例の抜擢だ。

 

演奏終了後、ロックコンサートのようなすさまじい喝采と歓声が会場全体から沸きあがっていた。

そのわけは昨夜の演奏をわずかに聞いただけで納得できる。30秒その音を聞いただけで「違い」を峻別させるということは、相当非凡なポテンシャルを有しているのだろう。

やがては欧州の頂点にたどり着くのだろうか?今後目が離せないライジング・スターだ。

 

現在、彼のコンサートは世界でもっとも手に入らないチケットなのだそうだ。

 

 

さて、、、。

彼らのような職業の羨ましいところは、「チケットが取れないこと」が更にその存在価値を高めていくことである.

 

これを私の職業である医療に置き換えた場合、少々事情は異なる。

「予約が取れないこと」は患者さまの生活の質に係わることである。また、現代医療サービスの観点から、患者さまから疎まれてしまうこともしばしばであり、改善しなければならない課題である。

最近、当院での予約が取りづらいというご指摘をいただき、患者さま方には大変申し訳なく思っている。この春から体制を拡張・増強し、そうした声に少しでもお応えできるよう現在改革を推進中であります。

 

春から新たに迎える新スタッフともども、3度目の春を迎える「なかい歯科」をよろしくお願い致します!!

 

フレッシュな笑顔とともに、もう少しとりやすいシートをご用意いたします()

TOPへ