RSS

インプラント使い回し事件に思うこと

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

本日休院日、母校広島大学へ。

なじみの店で久しぶりにお好み焼きを一枚。ちなみに、日本各地で「広島焼き」なる妙な呼称で知られる広島風お好み焼き(こんな呼び名は当地にはない!)とは一線を画する、久方ぶりの正調の味だった。

 

さて、我が業界内に広島焼き以上に妙な事件が起きた。

 

「インプラント使い回し事件」だ。事件の詳細は各メディアで詳しく出た

まだ、司法判断が下ったわけではないから、あくまでこれらの疑惑が事実であったとして考えてみる。

 

 

容疑者とされている歯科医師は、激しい広告で多数の患者さんを集め、1本16万円という破格の費用でインプラントを行っていたという。

これが本当なら、以前ブログに書いた「医療の適正価格」で危惧していた「銀座眼科レーシック事件」と同一構造の事件だ。普通に考えて変な話である。しかし、その「普通に考えたら」が万人に共通する「普通」でないことがあるから、こうした事件は後を絶たない。

あり得ないようなおいしい話でだまされる詐欺事件や、宗教への入信トラブルとか・・・。

 

こんな目に合わないために医療受益者たる患者さんの具備すべき力、最近それを「患者力」と呼ぶ。受診への強い熱意と治療への能動的参画、治療に対する理解、客観的論理的思考、そして良医を選べる目。これらの総合力を身につけることだ。 

 

 

とてもとても大事なこと。

 

この患者力があれば、その多くは希望通りあるいはそれ以上の治療結果となり自身の利益となり喜びとなる。患者さんの喜びは我々医療供給側にとってなによりのご褒美であり、相互理解によりますます治療はやりやすくなり、当然結果もついてくる。治療(仕事)の「本当の喜び」「本当の楽しみ」がそこに生まれる。

 

私は強いこの能力を持った方々の期待により応えられるよう、今日もまた勉強しています。自分でも判然としないこのパッションの起源、それはたぶん本当の喜びに出会うため、湧き上がるものなのだと思うのです。

TOPへ

2000-2010を振り返って・・・

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科衛生士の林です。

 

新世紀に入り、もう10年が経ちました。早いものです。

あの21世紀に入る瞬間、世の中ではどんなトラブルが起こるか分からないといわれ旅行も外出もせず、家にいた記憶があります。

10年振り返るといろいろ変化がありました。

 

歯科治療でも大きく変化したと感じるのは、アナログからデジタル化していることです。なかい歯科ではCTやレントゲン撮影、口腔内写真をよく撮ります

皆さま、自分の口の中の小さな虫歯の状態を見るのはなかなか難しいのではないかと思います。

でも、写真に撮り、その場で画面を見ながら説明ができる・・・すごく便利だと思います。

ちなみにコンピュータの苦手な私は操作に必死なのですが・・・。

2010年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、話は変わりますが、年が変わり縁起物の馬の話です。

先日、平安騎馬隊の馬を見に行きました。5頭ほどいたでしょうか、順番にメンテナンスされていました。

 

体はブラシで磨かれツヤツヤ。鬣はシャンプーとリンスでサラサラ。

最後に乾燥。どの馬も元競走馬とあってカッコよくスタイル抜群です。

この馬たち、さまざまな行事や小学校の登下校時に出動して観光整備、安全パトロールに日々忙しいのだそうです。

 

皆さまもお口のトラブルが起こる前に、メンテナンスをお勧めいたします。

 

TOPへ

エリック・ロメール氏 追悼 

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

 

ということで、ブログが少しあきました。すみません。

私の場合「忙しいこと」と「ブログを書かない事」の間にはどうやら相関関係はないようだ。

忙しくても書きたいときには書けるし、時間があっても間が開いてしまうこともある。ブログを書いて一年と半年。最近それがわかった。笑

そして、久しぶりであるにもかかわらず、書きたいことはまたまた歯科に全く関係ない。泣

 

ということで、フランスの映画監督エリック・ロメール氏が亡くなった。

最も好きな映画作家の一人だった。

先月、長年欲しかったDVD-Box全集がデフレ特価で販売されていたので、思い切って揃えたばかりだった。

京都新聞にはその訃報に思いのほか大きくスペースが割かれていた。

映画史的にはゴダールへの助力などヌーヴェルバーグのゴッドファザー的存在として語られたりもするが、興行的に(一般的な意味で)目立った作品はない。

一般的に饒舌な映画は好まないが、ロメールだけは別だ。何しろ登場人物の饒舌を売りにしている映画だからだ。ひとことで言うと饒舌の外殻の内部になにやら充実した空虚があるといったところか。それを彼は”la vie”と考えていた節がある。その空虚をどう捕らえるかで評価は大きく分かれる。

 

そんなわけで、リアルでは「ロメールが好き」とはなかなかいえない。「???」と話が終わってしまう可能性がヒジョーに高いからだ。ランドマーク的大作を一度も作らずに亡くなったロメールは、今後ますます語られることのない作家になるのだろう。

ポピュラリティとその内容の充実はどの業界でも必ずしも一致しないものだという事実をあらためて突きつけられる。(ちなみにサルコジ大統領はマスコミに対して弔意を示したというのだから仏本国ではある程度適切な評価が得られているものと思いたい。)

 

個人的に「モード家の一夜」と「緑の光線」は特にお勧めです。

ロメール好きの方がいらしたら、是非語り合いましょう。

 

 

TOPへ

☆明けましておめでとうございます☆

みなさま

☆明けまして おめでとうございます☆ m(__)m

 

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 受付の宮下です。

いよいよ2010年のスタートです☆☆☆

お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

今年のお正月は寒かったですねp(><)q

 

私は、年末ギリギリに急きょ旅行が決まり、京都府北部の久美浜で年を越しました。

31日の朝に目覚めたら、ものすごい雪、雪、雪っ!!!

前の日の夜中までは、降っていなかったのに!

 

市内では、最近お目にかかれない量の雪が積もってましたっ(@_@)

同じ京都なのにこんなに違うんですね!

 

 

 

残念ながら曇っていましたが、2010年初日の出の写真を・・・

今年1年充実した素敵な1年になりますよ~に・・・(__)

 

 

ゆっくりしたお正月を過ごしてパワーを蓄えたので、今年もお仕事一生懸命頑張ります!!

ひと回りもふた回りも成長するぞっ!(^^)!

 

本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

 

まだまだ寒い日が続きますので、皆さま、体調崩されないでくださいね!

 

2010年が皆さまにとって素晴らしい1年でありますように☆☆☆

TOPへ

2010謹賀新年

2010年寅年、皆さま 新年明けましておめでとうございます!

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 事務局です。

 

本日1月4日は、なかい歯科の診療はじめということで、毎年恒例の初詣、徒歩数分の歯の神さま「白山神社」さんへ行ってきました。

 

社殿でおみくじを引いたところ、わたくし事務局なんと一番のおみくじで「大吉」でした!

新年早々縁起が良く大喜びです。

 

 

2010年は「変化・変革の年」だといわれるそうですが、なかい歯科にとっても良い意味で変化・変革続きの一年になりそうです。

それに伴いますますやることが増え、忙しくなりそう!と、気を引き締めています。

とうことで、今年も患者さまに喜ばれる歯科医療の提供を目指して頑張ります。

 

 

入れ歯や歯周病をはじめとした、お口の問題をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。

充分な検査とカウンセリングの時間をもうけ、さまざまな選択肢の中から納得のいく治療を受けていただけるよう努力いたします。

 

 

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

TOPへ