RSS

ネコのプリン

 

こんにちは、暑くなってきましたね。

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 衛生士の河野です。

 

私事なのですが、先週家で飼っていたネコ(名前はプリン)が、天国に行ってしまいました。

9歳でした。人間の年だと約50~60歳くらい。

元々病気を持っていたので、あまり長生きは出来ない・・・と、分かっていたのですが、それにしても本当に辛いです。

 

たまたま仕事がお休みの日でした。

プリンは座布団の上で寝たっきりで、息も荒い状態でした。動物病院の先生には「もう長くない。おうちで看取ってあげてください」と、言われていました。

私は、片ときもプリンの側から離れられませんでした。

必死に生きようと頑張って「ハァハァ・・・」と息をしていたのですが、その日の夕方、静かになったなぁと思ったとき、もうほとんど呼吸していませんでした。

そして、そのまま・・・・・・・

いつものように、眠っているようでした。

 

たかが動物、でも、私たち家族にとっては「家族の一員」

その死は本当に心にしみるものでした。

 

 

 

元気だった頃のプリンの写真、私のお気に入りの一枚です。

TOPへ

村上春樹とシェーンベルクあるいは1Q84のヤナーチェク

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

村上春樹氏の長編新刊「1Q84」が出た。

三月書房さんから朝一番に連絡をもらい、昼休みに早速最初の3ページほど目を通した。

 

物語り冒頭、タクシーのFMラジオからはヤナーチェクのシンフォニエッタが流れている。それに対してのいつもの比喩を交えたくだりで物語は動き出す。当院のBGMには英国のクラシック音楽専門局が流れているが、さすがにヤナーチェクはなかなか流れない。

 

「まずはヤナーチェクからか!!」と突っ込みを入れたくなるような個人的には鮮烈な設定だ。ご存知の方も多いと思うが、この曲は乾いた金属的な、それでいて何かに収束するでもない不思議な東欧的な旋律のブラスのユニゾンから始まる。

 

東京、1984年から始まる物語。

1984年といえば、その年私は東京にいた。

当時、一度だけ村上氏を見かけたことがある。今はない渋谷のデパート地下のレコード屋で、グールドの弾くシェーンベルクのピアノコンチェルトのジャケットに手をだそうとしたとき、横から手を伸ばしてそれをさっさとレジに持っていって買われてしまった、その人が村上春樹氏だった。

声をかけるにそれらしい理由もなく、たぶんそんなミーハーな声をかけられても迷惑だろうと思い、ただ呆然と会計を済ますのを遠目に眺めていた。ゴールドカードだったことを覚えている。笑

どこかのエッセイでこの曲に関して言及している箇所があったはずだ。

 

そんなことをとめどなく思い出しながら、とりあえず読むのは冒頭三ページにとどめ、午後の診療へうつった。

 

週末は会合やらセミナーやら自分の学習やらいろいろ忙しい。

が、夜中に一気に読んでしまいそうな予感・・・。

TOPへ

京都の森でマイナスイオン浴

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科衛生士の林です。

 

新緑も深まりつつ、良い気候が続きます。

新緑といえば森ですが、京都市内にはいくつかの森があります。

私の癒しスポットです。

天気の良い日に時々マイナスイオンを浴びに森へ入ります。

そして「ボーッ」とひと時・・・

様々な野鳥のさえずりを聴くことができます。先日は姿はみせずにかなりの音量で「ホーホケキョ」と・・・。

日光を浴びる若葉を見上げ、野鳥のさえずりを聴くとほんのひと時でも体がスッキリした気がします。

 

 

癒しスポットとして温泉、エステ、マッサージ、etc 人により様々あると思いますが、歯科治療に来ていただいた方から「癒されます・・・」という言葉をきいてみたいものです。

難しいですよね・・・。笑

TOPへ

鳥の歌とSONGBIRD DESIGN STORE

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

先日、近くの山に昇った。初夏を思わせる好天の中、たえず多くの鳥たちのさえずりに囲まれた、音響という言葉がぴったりな豊饒な森の散策だった。

ふと、メシアンのことを思い出した。

「この鳥の声を、この自然の音響を何とかとどめたい、記述したい」という発想は誰もが持つのかも知れない。現代作曲家のメシアンは、「鳥のカタログCatalogue d’oiseaux」という3時間近いピアノ大作として、種々の鳥たちの歌を楽譜にしたためた。聴いていても分かるが、楽譜を見るだけでも驚愕の複雑さで、その演奏には超絶技巧を要することがよくわかる。しかし、それでも実際の鳥の鳴き声には及ばない、天才メシアンの複雑なスコアとても鳥の歌を再現しきれない、森はそんな人知の及ばない歌を歌う鳥たちに満ちあふれていた。           

週末、当院のCI/VIを担当してくださった徳田正樹氏のお店”SONGBIRD DESIGN STORE” がオープンした。二条城の緑がパノラミックに広がるオリジナル家具とDESIGN OFFICEに、美味しいコーヒーが飲めるカフェが併設している。そこで、お祝いにと前述の「鳥のカタログ」CDを持っていった。かなりマニアックなセレクトだったから他所様にはどうかと思ったが、アートセンスのある方だから利用法は何かとお持ちだろうと思う(笑)。

彼なら、メシアンが再現しきれない、SONGBIRDをデザインで表現できるだろう。そんな予感のする良い店だった。

TOPへ

こども(おとな)みらい館

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

近所に「こどもみらい館」という施設がある。京都市が、乳幼児を中心とした子育てに対するあらゆる支援を目的に運営している施設だが、その中に子育て図書館というものが併設されている。「子育て」の名のとおり、一般書籍の類はほとんど見かけないが、私にとっての必要機能は充分に具備している。

実は、文献の収集方法に困っていた。以前にもこのブログで書いたことがあるが、科学的根拠をもとにした治療の実践の基本はまず原典、つまり原著論文(一次情報)を読むことである。それも質の高い論文(多くは国際英文誌)を吟味して批判的に読むことである。一般に、受け売りでオーソリティーから聞いたこと、専門商業誌で書かれていたことなどは二次情報、三次情報といって情報の質は下位に位置する。

ところが、この「論文」というものは、書店で売っていない。簡単に手に入るものではない。

一般的には海外の学術誌専門出版社から定期購読するか、それを購入している大学図書館で複写するしかない。ネットがあれば、自分の知りたいテーマの論文を検索エンジンでピックアップしその要約を読めるところまでは無料で出来る。ところが全文は読めないようになっている。当院では内外の当該学術誌を月に7冊定期購読しているが、自分が知りたい重要論文がそれ以外の専門誌上に掲載されていることも多い。なにせ、マイナーなものまで含めたら歯科だけでも100を越える国際誌があるのだから。

大学にいるころは大学丸抱え、ないしは附属の図書館で文献依頼をすれば比較的簡単に入手できた。ところが、こうして独立して医院開業をするとその手段がないのが現実なのだ。

というわけで、こどもみらい館である!

小さなかわいらしいカウンターを、恐る恐る訪れたのが去年の秋。なんと、とても丁寧に対応していただき、時間はいくらかかかるものの、国内のどこかに収蔵されているものであれば、文献複写をしてくれるというのだ。

大の男がひとりで、コドモもだらけの小さな図書ゾーンに入るのは、今もちょっと恥ずかしいけれど、実は大人にもやさしい こどもみらい館。

大人の明日を創造する、「おとなみらい館」でもあったのだ。

子育て図書館の担当者さま、いつもありがとうございます。微力ながら、地域医療に貢献するためにも、これからもお世話になります。ご面倒とは思いますがよろしくお願いいたします。

TOPへ

G.Wいかがお過ごしでしたか?

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 受付の宮下です。

 

.Wあっという間に終わってしまいましたねぇ…。

皆様、ステキなG.Wを過ごされましたでしょうか♪どこかお出掛けされましたか。

私のG.Wは、遠出はせずに京都市内をプラプラして普段通りゆっくり過ごしました……。

 

お休み最後の日に、今宮神社のあぶり餅屋さん「かざり屋さん」へ行って来ました~(^O^)♪

あぶり餅、幼い頃から大好きなんです♪♪

 

いっくらでも食べられます!

これだけ、ほぼ一人でぺろっとたいらげてしまいました(^_^)v

食べ過ぎでしょうか……(^_^;)

話は変わりますが、

新型のインフルエンザ、ほんとにコワいですね!!

皆様もお気をつけ下さいませ!!!

 

 

TOPへ

祝 開院一周年、ありがとうございます♪

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 事務局です。

 

先日、なかい歯科は開院一周年を迎えました。

ご来院くださる患者さま、地域の皆さま、関連業者さま皆さまのおかげで、スタートの一年が素晴らしいものであったことを感謝します。

 

連休前にはスタッフ皆で食事会の場を持ち、今後のなかい歯科について話し合いました。

おバカ話もたくさんし、おなかがよじれるほど笑いました。また、自分たちがまだまだ至らぬことだらけの、やることだらけであることを改めて感じ、二年目スタートにむけての課題もたくさん確認しました。

進むべき道を地道に一歩ずつ頑張ってまいります。これからもよろしくお願い致します。

 

そんな風に、こっそりと一周年を喜んでいたところ、思いもがけず嬉しいお祝いの品をいただきました。

見てください。素敵&可愛いでしょう!

お馴染みの院長マークのついた、NAKAI DENTAL OFFICE オリジナル掛け時計です。

お贈りくださったのは、当院CI/VIデザイナーの徳田正樹氏。もちろんオリジナルデザインです。製作くださったのは、人気のHAPPY ROCKさんです。

本当にどうもありがとうございます。スタッフ一同、大感激です。

徳田さんといえば・・・、近々、またこの場でご紹介できると思いますが、この時計の形がヒントのDESIGNSTOREを御所南エリアにオープンされます。とってもとっても楽しみです♪♪

 

これって言って良いのかな?まだダメなのかな?笑

とにかくヒントはこちら、(時計の裏面)です。

 

何度見ても素敵な時計。

これから私たちと一緒になかい歯科の院内でコチコチと時を刻んで行きます。

TOPへ

趣味について

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 衛生士の河野です。

 

最近、自分磨き(?)を始めたんです

えらそうなことを言いましたが、趣味をたくさん増やしていくという、単純な感じです(笑)

いろいろ考えましたが、まずは家庭菜園もどきを始めました(^O^)/

苗を買ってきて、さっそく開始!!!

プチトマト、まだまだ実になるのは先だろうけど、地道に成長を見届けていっています

 

皆さま、何か良いアドバイスがあったら、ぜひ教えてくださいm(__)m

     

TOPへ