RSS

何らかの理由により、抜歯しなければならない方へ

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 院長の中居です。

 

「この度当院では、歯科材料メーカーからの正式な臨床研究委託を受け、抜歯をする方に効果的な高度先進治療が患者さまの自己負担無く提供出来るようになりました。

つきましては、この臨床研究に参加いただける患者さまを広く求めております。安全性や信頼性には問題の無い治療ですので、ご自身のお口の審美的・機能的回復と同時に、歯科医療の更なる発展のため、是非ご参加ください。」

 

 

*歯を抜いたらどうなるの?

抜歯後、通常そのままにしておけば傷は自然に歯肉で覆われ、表面的には治癒していきます。しかし、その歯肉の内側、歯が抜けた穴の周囲の骨は急速に痩せ細って(=無くなって)いきます。そして、最終的には歯肉が凹んだ形態へと変化して行きます。 

 

その場所に後日インプラントやブリッジをしようとすると、凹んだ歯肉に沿って修復物を製作せざるを得ないため、歯冠の長い(周囲の歯より白い歯の部分が長く見えてしまう状態)出来上がりとなります。

それが前歯ともなれば審美的にも大きな問題であり、奥歯であっても磨きにくかったり、周囲の歯に影響を与えたりという欠点も生じてきます。

 

*どうすれば良いの?

このような状態となるのを防ぐため、歯を抜くと同時に、その穴に人工骨や歯周組織再生材料等を詰めてから蓋をすることで、骨の痩せ細りを抑制することができます。人工骨と歯周再生材は次第に周囲の歯槽骨(歯の周囲の骨)と結合し、次の治療へ進むためにより良い状態を維持することが可能となります。この治療法がソケット・プリザベーション(抜歯窩歯槽骨温存療法)という先進的治療法です。

  → 

 

 

 

*健康保険は使えるの?

このソケット・プリザベーションは、健康保険適用外の治療法であるため、通常一歯あたり約5万円の自費診療となりますが、当院ではメーカーからの資材提供を受け、患者さまの自己負担なくこの治療を受けていただくことが可能です。

(使用する製品は、厚生労働省の認可を受けた大手メーカーの正規流通商品です。未認可製品の治験ではなく、臨床現場でのより新しい活用法に対する研究目的で提供されるものです。)

ちなみに抜歯後長期間が過ぎ、すでに歯肉が痩せてしまってから、そのボリュームを改善させようとすると、自家骨移植や歯肉移植など大掛かりな外科処置が必要となります。

 

*興味があるのですが・・・。

治療の詳細及び適用症例・臨床研究参加の条件等は、お口を拝見し、私が直接カウンセリングにてご説明いたします。「そもそも、どうしてもこの歯を抜かなければならないか?」というご質問からでも結構です。まずは、お気軽にご相談ください。

 

その後の治療はどうなるの?

無くした歯の審美的機能的修復は、私が専門医資格を持つ「補綴(ほてつ)歯科」の得意とする領域です。様々なケースに応じ、患者さまと相談の上、ベストな治療を引き続き行ないます。

 

ご希望または、興味をお持ちの方は、お電話または受付にてお知らせください。

たくさんの患者さまのご参加をお待ちしております。

 

TOPへ

紫外線の季節 お口のシミとカメの日光浴

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科衛生士の林です。
 
新緑のきれいな良い季節になりました。
体が適度な日光を必要としているのか外へ出て、つい必要以上の紫外線を浴びてしまい、年々シミが増えてしまっている気がします・・・。
シミといえば、個人差がありますが、前歯の辺りにみられる歯肉の茶褐色の黒ずみは、メラニン色素の沈着によるものです。歯肉も日焼け、喫煙、食物の刺激などから守るためにメラニン色素を分泌させるのです。
特に問題のないものですが、お肌のシミと同じですね・・・。
 
話は変わりますが、先日カメの日光浴を見ました。カメは手足を伸ばし、体の殺菌、代謝促進のために紫外線を浴びているのだそうです。生きるために必要な行為なのです。
それにしてもかわいらしいポーズで、癒される光景でした。

TOPへ

癒されました♪

 

こんにちは。

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 受付の宮下です。


暖かい日が続き、桜の時期もあっという間に過ぎて、今度は新緑がキレイな季節になってきましたね。
気持ちがいい日は体を動かしたくなります♪
ということで、お天気も良く暖かかった休日に
朝からゴルフの打ちっぱなしに行ってきました。爽やかな汗をかいて、その後なぜか他府県からの観光客の方々に混ざり、太秦の映画村へ。
幼い頃に行ったっきりだったので、懐かしさのあまりテンションがあがりっぱなしでした\(
≧∇≦)

散る間際の桜も最後に見ておこうと銀閣寺道の疎水沿いをお散歩していると、とってもかわいい かるがも の親子を発見!!
あまりにもかわいい親子だったので、桜そっちのけで
写真を撮ってみました
分かりますか?

 

 

お母さん?お父さん?と7羽の子供達です
かわいいでしょ
癒されました

TOPへ

医療の適正価格

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

少し前、銀座の某眼科のずさんな視力回復手術が報道により明るみに出ていた。

ご記憶の方も多いだろう。

 

以下は、その後日談として聞いたことだ。

「レーシック手術は保険外治療であるが、その医院の治療費はそもそも極端に安かったそうだ。常に目立つ派手な広告を出しており、その宣伝費用捻出のためか、実際の診療に当たる人員は過少で感染衛生対策も劣悪であったことが直接の原因だ。」と。

 

やはりか、と思った。

当院でも保険外治療は多数手がける。決して安いものではない。確かに自由診療であるから、安く設定することは出来る。何かを削ればそれは簡単に可能だ。

そもそもひと通りの対策を取ったとしても、外科処置のリスクは0にはならない。

しかし、限りなくそのリスクを0に近づけるために、多大な労力とコストを必要とするのだ。

 

いくつか具体例を挙げてみよう。

衛生面の厳格な管理から始まり、治療器具の信頼性の維持、型取りの材料の質、技工士さんのレベル、ドクター・衛生士にかかるマンパワー、そして何より手がける充分な治療時間。それぞれ少しずつレベルを落とすだけでも、価格は随分変わるだろう。

しかし、それらの全ては治療の質へ影響を与え、ひいては患者さまのその後の生活の質に繋がっていく。もちろん見えない何かを削ってもすぐには患者さんには分からないだろう。しかし、私はどうしてもそこはモラルとプライドから削れないのだ。

 

だからといって高ければ良いものだとも言えない。そもそも金額だけでは計れないのだ。

しかし、低くするからには少なくとも「大切な何か」を削り取らなければならないのも事実だ。もっと安く!だけでは手に入れることが出来ない大事なものがある。

その内容を理解すれば、むしろ適正価格であり決して高くは無いと心から思えるものがあると。これは、自院の設計施工を経験した際にも良く分かった。

 

医療に限らず、安くてとびきり良いものはまずないと考えてかかったほうが良いのだ。

もし例外的にあるとすれば・・・、それは「ユニクロ」のようにとっくに世界的なレベルでブレークしているのだから。

TOPへ

あれから一年が経ちました

こんにちは!

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科衛生士の河野です。

暖かくなってきましたね(^_-)-

この季節になると一年前を思い出します。
なかい歯科に来て一年が経ちましたぁぁぁ!!
めでたいめでたい

 一年間過ぎてしまえば、あっという間だったなぁという感じです。
たくさんの出会いがあり、私自身とても刺激を受けました。
先生をはじめ、スタッフのみんな、業者さん、みなさんにありがとうございますですo(^-^)o
そして・・・・・患者様には本当に感謝してます!みなさまからいろいろなことを教えて頂きました。
歯科衛生士として、人間として少しずつですが、成長させてもらっているなぁと感じています。これからも、みなさまに支えられながら頑張っていこうと思っていますので、よろしくお願いします♪

 

 

最後に、嵐山のしだれ桜がステキだったので写真におさめました。
  

 

TOPへ