RSS

歯科医師国家試験とブラックジャックのパラドクス

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

先日、歯科医師国家試験の合格発表があった。

以前は医師国家試験のように平均合格率90%前後の認定試験的であったものだが、今年の合格率は67.5%と、年々その出口が狭まっている。これは国の歯科医師数抑制策に対して、国立大学は定員削減したものの、私立歯科大学は長年なんら実効ある方策を自主的に採らなかったため、業を煮やした厚労省が、ならば・・・と最終策に出たためと考えられている。

リストによると、国立80.9%、私立63.1%という結果である。酷い大学ではなんと32.5%。このままでは閉鎖にいたる大学もでるだろうといわれている。高額の授業料を支払っても、3人に2人は歯科医師になれないのだから・・・。

 

たまたまTVで手塚治虫の漫画「ブラックジャック」の話をしていた。

ブラックジャックはご存知のように無免許医である。客観的医学試験を経ていない。しかし、彼はプロとして自立し、軸のぶれない彼のやり方で仕事を全うしている。

 

彼は結局、何を基準として仕事をしているか?

それは生物学や病理学などではなく倫理や哲学だというのだ。

これにはひどく同意した。臨床医として日々同様の思いを強くしている。極論すれば、人文学的堅牢な素養があれば後は自然に最低限の医学的知識等は染み込んでくるはずである。

ということは、その素養さえあればなるべき者は試験に通って歯科医師になるのだから、その彼らにはもう少しゆとりを持って人文学的修養時間を持ってもらいたいものだ。が、もはや転回不能な地点まで来てしまったのだろう。

 

国家試験にまつわる惨状は、各私大のエゴがそのまま自学に跳ね返っていることなのだろうが、これからは全学生がますます資格試験合格に焦点をおいた学生生活を強いられるであろうことに同情する。

TOPへ

ギエム カザルス ドゥダメル 

 

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

今月はたまたまいい出逢いが三度続いた。

またもや歯科とは関係ない個人的嗜好について少しだけ。

 

まずは、数日前テレビで放映されていたシルヴィ・ギエムの「あの」ボレロ(振り付け モーリス・ベジャール)。私と同い年である世界最高のプリマだ。15年前の来日時、生で舞台を見ていたが、当時はジョルジュ・ドンではなく、女性らしいしなやかな肢体にすこし違和感があったことを少しがっかりしてみた記憶がある。もう恐らくは最後であろう今回の舞台では、以前より筋肉質になり性別を超えた抽象性を体現していた。この15年どれだけの節制をしてこのパフォーマンスを維持しえたか?そのことを考えるとテレビの前で少し胸が熱くなった。自分のだらけた体型を恥じた。

 

次はパブロ・カザルス。

チェリストとしては伝説であり神。その「バッハ/無伴奏組曲」は至高の聖書といったところか。

多少なりともチェロに興味のある者であればマストアイテムである。ところが私は今まで持っていなかった。というのも1930年代の録音で、レコード時代はおろかCDに復刻されてもどうにも土管から聞こえてくるような古い音から「音楽」を聴きだすのはなかなか困難であるからだ。

ところが、盤質良好な私家版SPレコードからの復刻CDが発売されていたのを発見した。ノイズが混じっているものの、かなり自然でレンジ感のある音に再現されている。我が家の20年前の旧式ステレオシステムとも相性がいい。はじめてのリアルな熱いカザルス体験をした。

そして、どういうわけかこれがディスカウントで二枚組1000円・・・。ありえない話だ。昔は3枚組LPレコードで7-8000円していたはずなのに。あの世でカザルスは泣いているだろう。少なくともカタルニアの鳥のようにピース、ピースと鳴いてはいまい。

 

最後はグスターボ・ドゥダメル。

まず名前からしてクラシック畑っぽくない。「ベネズエラ発」、「ユースオーケストラ」を振って、しかもまだ「28歳」!!と驚きばかりである。

まだまだすごい才能が出現する可能性がある、世界はまだまだ未知なのだと思い知らされる。

ご存じない方は、詳細を他サイトで検索いただきたい。おそらく、観た人、聴いた人すべてが興奮と絶賛のコメントのはずだ。このまぶしい若さから素直に元気をもらえる新しい地平の好演奏だ。

 

現在・過去・未来のスーパースターたちのそれぞれのパフォーマンスに出逢い、だれかに話したくなるような一ヶ月だった。 

 

書き始めたら本当に歯科とは全く接点なく、ぜんぜん「少しだけ」ではなくなった(笑)。

TOPへ

もうすぐ春ですね

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 歯科衛生士の林です。

患者さまのご希望に男性女性問わず「歯を白くしたい」というお声を本当に多く耳にします。

方法はたくさんありますが、治療を終えた方の歯が白くなった事で、お顔全体の印象がパッと明るくなったように感じられます。

白さで明るくなると同時に精神的にも満たされ気持ちも明るくなっておられるのです。

心も満たされる歯科治療・・・素晴らしい事ですね。

 

話は変わりますが梅の花が咲く晴れた日に、外へ出ました。ある畑の片隅に小さな梅の木を見つけ「かわいい・・・」と眺め写真に収めていたら「うっ・・・・」ミノムシがたくさん見事に木と同化しぶら下がっていました。

 

 

 

一週間後、その梅の花が満開となり、今度はみつばちが蜜を集めにたくさん飛び交っていました。

 

こんな小さな梅の木に生命というものをジンワリと感じてしまいました。

もうすぐ春ですね。

 

TOPへ

職人 外科器具 DIY

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 院長の中居です。

 

外科器具の改良が必要になった。

インプラントの埋入時、骨の深さや性状を測定するための道具だ。

既製品は私の望む要件を備えていない。メーカーにフルオーダーで作ってもらうと、定価の3-4倍コストがかかる(それは常軌を逸した価格となることを意味する。笑)

というわけで、手元にある使わなくなった器具の改良で何とか対応出来ないかと考えた。

近所にそれを請け負ってくれそうな医科器材専門修繕店があるのは知っていた。昨日、なかい歯科は休診日。午前中は新外科室の備品新装のため院内で過ごし、午後から訪ねてみた。昔ながらの町屋の工房に飛び込みでお邪魔した。事情を話した。


以下はその概要。

 

「あいにく、今仕事が手一杯で新規の仕事は受けられない状態です。この20年国内の空洞化がどんどん進んで、新たな職人も育たず先代からの顧客と以前からの付き合いのある業者からの製品の修理をするだけで手いっぱいです。最近は東京からも連日品物が運ばれてくる。今日も朝五時から起きてやっています。」

 

ここまで言われれば、「そこを何とか一つ!」とは言えない。

事情を知らず失礼しましたと言い、あきらめて帰った。

世間では、これほど職がないと言われているのに、ここにはこれだけ人手がない。少し驚いた。

逆に一芸に突出したら、いやなくらい仕事が舞い込むのだ、どんな時代だって。

 

本当の職人さんはいつだってすごいのだ。

 

仕方ないので自院に帰って自分でやることにした。といっても、ノウハウはない。しかもチタンという難物相手だ。息を殺し、火花を顔に受けながら苦闘の末、少し形にはなった。元はクランク状で5mm径のものをL字型の3mm径にする。0.1mmレベルまで整えるのには集中力がいる。

仕上げがもう少し必要だが、なかなかの出来。

 

こうしてまたまた貴重な休日はなかい歯科の諸事情とともに過ぎていった。

TOPへ

外科処置室のご案内

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 事務局です。

 

早いものでもう3月。今日は、なかい歯科の外科処置室をご紹介します。

 

当院の診療ユニットは、全てドイツKAVO社の製品です。

KAVO(カボ)社は、歯科界のリーディングカンパニーであり、そのユニットは世界中の権威ある歯科医がこぞって使用しているもので、機能的且つ高品質なものです。

国産のユニットならカボ1台の予算で数台買える?とも言われる高価なものですが、その性能とブレの少なさについては当院院長もその価値有りと申しております!おまけに、見た目も美しい♪

そして、この度そのKAVO社の中でも、最も新しく最高グレードに属するユニットが外科処置室へやって来ました。

 

なかい歯科では、インプラントをはじめとした外科処置では、感染予防を徹底することがなにより重要であると考えています。

当院既存のユニットも、その点において既に国産チェアの標準を大きく超えた仕様ですが、新ユニットは外科処置を行なうという点に置いて、より優れた能力を発揮します。

例えば、行なう手術の内容により、ユニットがその設定を自分で覚え、術者に最適な状態にセッティングされます。集中消毒システムと自動衛生機能を持つため、感染に対する安全性もよりアップしました。

 

そして、なかい歯科では「イリュージョン」と、呼んでいるのですが(笑)、このユニットは患者さまの体を支えるシートがまるで宙に浮き上がるかのように設計されており、通常診療と比べ長時間にわたる手術中もより楽な姿勢で治療を受けていただけます。また、術者やアシスタントの導線がより自由になり、無駄や制約の無い動きで、治療にあたれます。

 

最近はインプラント手術や外科処置を特別視せず、通常診療中に虫歯の治療を行なっている隣で簡便に行なう医院も多いと聞きますが、本来それは大変リスクある行為です。

なかい歯科では、手術の際には他の患者さまの予約を入れず、数時間をかけ可能な限り滅菌清潔領域を整え、感染のリスクを最小限に抑えるよう配慮しています。

これまでもそのように整えた個室で手術を行なっておりましたが、外科処置室の稼動により、今まで以上に容易かつ高いレベルで処置が行なえる環境が整いました。

CTスキャンと個室の外科室を有する医院は京都でもまだ少数であり、大きな病院の歯科手術室と同等の機能を有することとなります。

 

外科処置室では、静脈内沈静法という点滴を用いた麻酔で半分眠ったような状態で処置を行なうことも可能です。生体モニターや医療用酸素・他、専用の器具保管庫なども有しております。

見学ご希望の患者さまはご遠慮なくお申し出くださいませ。

 

 

ところで、「弘法筆を選ばず」と言われますが、弘法大師は、実はとても道具にこだわったそうです。

弘法大師と比べてはいけませんが、当院の院長もよく、「良い道具は自分を助けてくれ、患者さまにとっても良い結果をもたらす」と申しております♪

言いかえれば、良い器具を整えた衛生環境は良い手術の結果に不可欠であるということですね。

 

医院選びに迷う時は、「どのような環境で手術を受けるのか?」ということも、選択肢のひとつとしてお考えください。

TOPへ