RSS

いちげんさんお断り

こんにちは。なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

「いちげんさんおことわり」

京都に関する話題でよく聞くフレーズである。店先にさりげなく「会員制」と掲げていたりするところはまだ親切で、いわゆる常連客の紹介のみ受け入れるお店。

「排他的」ないしは「敷居が高い」などと思ったことがある人も少なくないはずだ。私もこれに似た気分を感じたことは確かにある。店前で軽く疎外される感じ。

 

話は変わるが、当院では、歯周病治療のプロである衛生士の役割部分を除けば、基本的には私がすべての治療にあたっている。「なかい歯科」の名のとおり「中居」がやっている。当然、細部にまで目配せが利くし、結果、私色の濃い性格を帯びる。

 

歯科とは本来とてもパーソナルな業態だと思う。海外では”Marks Dental Office”には、Dr Marks しかいないことが多い。複数名でやるときは単純に”Dr A & Dr B”と併記の上標榜する。日本の弁護士事務所の感じといえば一番分かりやすいかと思う。そもそも特殊事情がない限り、施設はそんなに大きくはならない(なれない)。看板もこの上なく小さい。あるいは表札のみである。歯科に関しても、患者さんは「その医院」ではなく「そのドクター」に診てもらいに来ている感が強い。紹介による来院が一般的だ。

患者さまとパーソナルに、誠実に向き合えばおのずとそうなる。あれは「個」がより尊重される社会の必然なのだと最近思うに至り、はたと気がついた。

 

この究極の形態が、「いちげんさんお断り」なのだと。

すでに定着した身内を守るための排他的システムという理解は浅はかで、ミスフィトのために失望する客を生み出さないという他者にも優しいシステムとはいえないだろうか。 

 

歯科医院が多様化すると、患者さまが望むものと私たちが提供できるものがミスフィットするケースも発生する。いちげんさんお断りシステムの利点を思う反面、医療の特殊性を考えるときそれもまた必ずしもベストとはいえない。

 

なかい歯科は寺町通りの小さな歯科医院である。

今どきこんなに小さい看板しか出ていない門戸を、勇気を出してたたいていただいたからには、何かを期待して、何かを感じてご来院いただいていると思う。

 当院はすべての方に等しく開かれている。

 ご紹介による患者様の多いなかい歯科ではあるけれど、なにかを感じていただいた時点で、もはやいちげんさんではないと考えている。

 

 

TOPへ

近江八幡へドライブ

こんにちは。

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 受付の宮下です

今週の祝日、お天気が良かったので、久しぶりに家族でドライブに行ってきました。
行き先は、滋賀県近江八幡。

酒遊館さんという、享保2年創業の近江八幡唯一の蔵元の西勝酒造さんが建てられたギャラリーとサロンでお昼ご飯をいただきました。  

 

お昼から近江牛♪幸せです!!


食後にこちらで販売している貴醸酒を購入(^
^)


帰りにCLUB HARIEさんで大好物のバームクーヘンを買ってきました♪♪

TOPへ

お祝い☆

こんにちは。

なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 衛生士の河野です(^_-)-

1月31日にサンスター主催の肥満・糖尿病、栄養と口腔保健推進セミナーに参加してきました。
内容は、「糖尿病と歯周病の関わりについて」で、医師、歯科医師、看護師、栄養士、歯科衛生士など多くの業種の人が参加していましたので、幅広い視点からの話を聞くことができました。
が、正直難しい話も多かったので・・・(泣)
すべて頭に
というわけにはいきませんでしたが、そういった知識を持つことは大事だなと感じました。

とても勉強になった一日でした!!

ちなみに・・・
このセミナーの前日、つまり1月30日は中居先生の4?才(笑)の誕生日でした♪
シェラメールさんでケーキを作って頂きました!

 

 

       

できあがりに私達全員がめちゃめちゃ感動☆☆☆
もちろん先生も、すごく喜んでくれました( ^^)YY(^^ )写真をたくさん撮った後先生とスタッフみんなでいただきました!!
味も最高ッ!本当おいしかったです(^O^)/

TOPへ