RSS

ミシュラン2009・京都・医療評価

 

 なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

ボロボロになった表紙のミシュランが今も手元に残っている。20年数前、それを片手にイタリアを歩いて回ったことがある。ずいぶん生意気な若者であったと思うが、今と違って他にまともな情報源がなかったという事情もある。ずいぶん助けられたし、なにより客観的なクールさに旅情報の成熟度を見せ付けられ、渡航前から、欧州の「旅文化」のレベルに圧倒された。だから、ミシュランには思い入れがあるし、未だに敬意を持って見ている。

 

日本版第二弾ミシュラン京都の発刊が噂されている。しかし、いくつかのお店が掲載にたいして”Non”、実現が難航していると聞く。理由というのは大きく分けて2点。

1.海外の調査官がただの一回で正当な評価をできるのかという疑念

2.不特定多数の客の急増による店側の混乱

理解できないこともない。

 

話し変わって、最近はインターネット上で歯科医院ランキングがある。いわゆる「サクラ」によってランク付けされている可能性が濃厚であることは、業界では常識となっている。「本当に」良質な歯科医院でも上位に位置づけられていないことが多いというのもまた周知の事実である。であるから、その件に関してはこれ以上何も言及すべきことはない。

 

医療はどこまで客観性を持って評価できるのだろうか?

現在「ある程度」の客観性と妥当性を有した民間第三者機関による「病院評価」というものはある。評価というよりある一定以上の取り組みがなされ達成されていれば「基準クリアー」のお墨付きがもらえるという性質のものである。だから大変優れた医療を提供してもらえるという保障が必ず約束されるわけではないが、ハード・ソフト両面にわたって前向きに改善しているということはいえると思う。

 

結論から言えば、この「悪くない」ということを保障することがこうした評価システムの限界だと思う。少なくとも現時点では、「いい」の評価対象を安直に探すとき、誤謬は必ず生じる。自分の目で「悪くない」の中から、自己責任で判断することが最善であろう。

 

三ツ星「風」ガイドの甘い誘惑にだまされてはいけない。

 

しかし、またその一方で、ミシュランのような一定水準以上の客観性を有した高い医療文化水準で編集されたガイドの創出もまた同時に年々求められていることも現実であろう。。

 

「よい批評あるところ、よいパフォーマンスが生まれる。」

文芸や料理に限った話ではないだろう。

しかしさらにこう付け加えたい。

「よい客あるところ、よい批評あり」

 

「医療文化」という言葉があるかどうかはわからないけれど、すべての国民が医療にもっともっと興味を持ってほしい。意識レベルの高い受益者=患者さんになっていただきたい。医療文化のレベルが高まってほしい。本稿のトピックから外れるから、ここまでとするが、このことは国民のQOLに直結する大事なことである。

 

でも本当に覆面調査員がうちに来たらどうしようか、、、。

京都らしく”Non”か?(笑)

TOPへ

賢い歯科診療のすすめ

こんにちは、なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 事務局です。

 

 

いつまでも暑かった10月も終わり、やっと秋らしく冷え込むようになりましたね。

医院前、寺町通の銀杏並木もわずかに黄色味を帯びてきたように思います。

 

そんな、なかい歯科事務局から、今日は歯科の保険診療についてのお話です。

 

「そちらは保険診療をしているの?」「普通の虫歯って見てもらえるの?」

どうしてか分かりませんが、よくいただく質問です。笑

「ハイもちろん行っております。保険医の登録もしっかり済ませております!」

 

「保険診療しか扱わない歯科医院」や「自費診療しか扱わない歯科医院」があるとすれば、なかい歯科は、「保険と自費診療の良いところどりをしたい人のための医院」と言えると思います。

 

患者さま個々の治療が保険で対応できるものか?それでは不十分なものなのか・・・?、ご自身では分からなくて当然です。他院で自費を強く進められ怖い思いをしたから全てを保険でしてほしいとおっしゃる方、自費診療って何?こんなに奇麗に治せるなんて事、今まで教えてもらったことがなかったという方もさまざまいらっしゃいます。

「自費診療=見た目にも機能的にも優れたもの」である場合も一般的に多いのですが、反対に「保険診療でも十分な事が行える」こともたくさんございます。

 

 

たとえば、虫歯の治療をしたとしましょう。

それが、人の目につきやすい前歯の虫歯なのか、奥歯のあまり目立たないところなのかによっても、その虫歯を削り取った後、どんなふうに修復物を選択するのかの考え方は違ってくることでしょう。

まずは機能性の問題、審美的問題、強度の問題…、院長は、専門医の立場から総合的な判断をし複数の選択肢をお伝えすることができます。

それから患者さま側で、そのために費やせる時間や費用はどれぐらいか、どこまで見た目と機能の両立にこだわるか、その後の継続的治療をきちんと受けることができるか等を考慮いただき、ご自身で治療を決定いただきます。強制はいたしません。

 

それぞれに、メリット・デメリットが必ずあります。そこを納得いただいてから治療~修復に入ります。

何の相談もなく勝手にこんな風にされた、いうようなことは致しませんので、ご安心ください。

 

子供の頃、近くの歯科医院のおじいちゃん先生に、「ここは虫歯になりやすいとこやから、先に削っといたげたよ」と、知らぬ間に黒っぽい金属の詰めものだらけにされた私から、くれぐれも・・・と院長にお願いしてあります。笑

TOPへ

古本、円高、EBM

 

こんにちは なかい歯科 御所南ほてつインプラントセンター 中居です。

 

この連休は、予定がキャンセルになり時間ができたので恒例の秋の古本まつりへいった。

場所は百万遍知恩寺。今回は大きな収穫なく、吉田秀和を一冊。

全集を買いそろえたいがそもそも出物がなく、新品を買うと10万超。さすがにこれは買えない。端本でもあまり見かけない。

 

買えないと言えば、医学書は概して高い。

これまでほしいと思っていた「歯周病学」の本があったが、3分冊の訳書で総計7万円以上していたので、判断保留にしていた。ところがこの頃の円高のおかげで原書であればなんと2万円以下で買えてしまう好機到来!!

amazon.comで即決した。

 

 

 

ささか骨が折れるものの、時々変な誤訳に当たるよりいいかと思い、毎晩ページをめくっている。2008年改定最新版でもあるし、これが邦訳されるのをまた3年待つことを考えれば、いい買い物かと思いつつ、、、。

 

でも、2万の本が安いとか、やはりふつうの感覚からすると変だろう(笑)。

それはさておき、EBMによる臨床のための国際学術誌の定期購読も容易となり、内容はさらに充実。勉強会への下地は着々と準備されています。いずれその成果が出ることを期待しつつ・・・。

 

なかい歯科の舞台裏はゆっくり確実に進化しています。

TOPへ