RSS

もしもピアノが弾けたなら

こんにちは。なかい歯科 ほてつインプラントセンター 中居です。 

 

生来の音楽好きである。
芸術的雰囲気に満ち溢れた家庭などでは決してなかったにもかかわらず、なぜか家にあったブリテンのレコードを幼い時分聴いたのがそのきっかけだったと思う。多分、何かの付録か景品のようなものとして放置されていたのだろう。きっかけが英国の非本流の作曲家ということに苦笑する。

 

ただし、演奏の素養はない。長年ピアノを習っていたし、チェロも演ってみた。しかし、同じ譜面を使っていても、舞台上の演奏者のように人様に聞かせられるレベルには到底なれないし、何よりそんな自分が腹立たしい。才能のなさを恨んだ。

んなわけで、ここ20年は聴くばかりである。

 

週末、東京でインプラントの講演の講師を務めてきた。(その様子はこちらと、こちら)

これまでもしばしば依頼を受けて、札幌から沖縄まで全国を廻ってきた。その土地のものをゆっくり食する余裕もなく、ましてや名所旧跡をたずねることもまったくない慌しい移動である。ただ、本来は出会えない、正確には、出会ってもコミュニケーションなくすれ違ったかもしれなかった方々と、お話をする機会をもつことができる。こちらはどこの誰がしと名乗って話を始めるから、その素性から派生していろんな自己紹介を受けることが多い。狭い世界であるから、共通の知人がいたというのは常である。

 

当日は、誌上でお名前だけは拝見したことがあるという重鎮の先生が前席に座っていらした。自己紹介を受けたが、受けるまでもなくこちらは存じ上げている。恐縮する。

講演中の反応が気にならないといえば嘘になる。

 

内容はつまるところ器材の術式についての標準化されがちなものであるから、誰がやってもおおむね一緒の内容となるはずだ。しかし、やはり個人のキャラクターというものが出るらしい。

演奏で言えば「解釈」「スタイル」といったところか。

 

演者はやはり2時間なら2時間の話の中で、心ひそかに自分の「キメ」のポイントというところをいくつか用意している。声高に言うと安っぽくなるからあえてさらりと流すけれども、本当は一番大事な自分なりの思いの詰まったポイント。各個の医療哲学、大げさに言えば世界観が垣間見えるところだ。そんな箇所で、「うん」とうなずかれたりすると少し嬉しい。というか、かなり嬉しい。

 

たぶんこれが私にとっての演奏(のようなもの)なのだろう。と、最近気がついた。

 

講演中、辛口な先生が2度大きく頷いた。

 

心の中でじわっとフォルテシモ。

こんなことがあるから、また休みなく始まる一週間もなんとか乗り切れる。

 

 

 

TOPへ

The newer, the better? その2

前回ブログ「The newer, the better? その1」からの続き・・・

 

しかし、

 

問題は残ります。

「義歯がいやな人はどうするのか?

「義歯以上のクオリティーを求める人にはどうすればいいのか?

 

インプラントの登場です。

 

一見華やかで、とっつきのよさそうなものでもきっちり検証してから取り入れる。

大きな時間枠のなかで本当に必要なことをきちんと見据えて歩を進める。

ただし、変えるべきときには驚くほど大胆に変革をする。

現在われわれが使用している歯根型チタン製インプラントは、そうした文化背景のヨーロッパ

で育まれました。

 

前回ブログをお読みの方は、ほてつインプラントセンターの私が決して

「最新至上主義」「インプラント至上主義」ではないことがお分かりいただけると思います。 

インプラントはすべての点において優れているわけではありせん。

しかし、非常に良い治療法のひとつであることに変わりありません。反対に、いまだ拒否反応を持っている方もいます。

昨今、ドクター側でも患者側でも、単純に「良い」「悪い」の両極に評価が固定されることが多いことを危惧しています。

 

義歯装着が全く不能な90歳の方に適切なインプラント治療というものもあります。

16歳の高校生にこそ必要な義歯というものもあります。

 

程度に応じた段階的な、色々なバリエーションのほてつ治療、インプラント治療が、これからもっと患者さんに理解されなければならないと感じています。

 

なかい歯科を通じて、これからそういう情報も少しずつお見せしていこうと考えております。

TOPへ

The newer, the better?  その1

 

 こんにちは、なかい歯科 ほてつインプラントセンター  中居です。

 

     前回の私のブログで、

 

   「若いときと同等の機能を絶対維持しなければならないわけではない

 

   といいました。 

 

治療にはその時々のライフステージにあった達成度というものがあると思います。

 

田舎道をトコトコ走るのにフェラーリはオーバークオリティというものでしょう。

スイミングスクール通いの小学生にレーザーレーサーは必要でしょうか。

 

最新、最高が全ての人に対して「最善」とは限らないのは歯科医療も一緒です。

 

そのことを、私は英国留学中に身をもって学びました。

概して北ヨーロッパの国々の成熟度の高さは医療哲学、ひいては研究哲学といったところにも反映されているように思います。

 

一見華やかで、とっつきのよさそうなものでもきっちり検証してから取り入れる。

大きな時間枠のなかで本当に必要なことをきちんと見据えて歩を進める。ただし、変えるべきときには驚くほど大胆に変革をする。

 

私の師事した教授は義歯のオーソリティーでした。

その教授の信念は「軽々しく新しい義歯を作らない」「前の義歯を大切にする」「飛躍的な機能向上を欲張らない」ということでした。彼は義歯の限界を心得ており、ドクター中心の安直な義歯再生産は患者の益にならないことを知り尽くしていました。

 

「最新が必ずしも最善ではない」 「治療には限界がある」

 

自分の専門領域が全能であるかのように声高に語らない。

品格ある一級のプロフェッショナルのあり方を見ました。

 

昨今インターネットの普及により、患者さん自身がダイレクトに医療情報にアクセスできるようになったため、玉石混交の医療情報をそのまま入手する機会が多くなりました。

耳障りのいい、「早く、安く、痛くない」「画期的ですばらしい」治療法が多々紹介されています。

その信憑性は一般の方には分かりにくいものと思います。

また、情報発信している側も「新しいもの=良いもの」と妄信して、悪気なく喧伝している傾向があります。

 

残念なことですが。

 

 

その教授は、過日「ほてつ・インプラント」部門の国際最優秀研究者賞を受賞されました。

声高に語らぬことの価値を世界は認めています。

 

その2につづく・・・

 

 

 

 

TOPへ

神の手 神の眼

なかい歯科 ほてつインプラントセンターには日々さまざまな方がこられます。そのお口の中もさまざまです。治療法もさまざまです。

 

これからどう治療していこうか?そんなときすべてに共通して考えていることがひとつあります。

 

「その方の85歳のお口の中をイメージする」

 

つまり、日本人の平均寿命を全うするぐらいまでの、口腔環境のストーリーを想像するのです。治療直後の数年だけ良くてもいけません。死ぬまで適切な口腔機能は維持され続けなければならないのです。

 

何も、若いときと同等の機能を絶対維持しなければならないわけではありません。ただし、あるとき急にがたがたになって朽ち果てて機能不全になってはならないのです。QOL(Quality of Life:生活の質)を支える最低限の機能維持が必要です。

 

残念ながら、これまで目先の治療が続けられてきた結果、その最低限の再建ですら通常では非常に困難になってしまった患者さんがしばしばいらっしゃいます(余談。ここからのV字回復が専門医の技量なのですが、その話はまた後日)

 

たとえば。

痛くない歯、でも歯周病が進行していて治療しても回復困難でいずれ抜かなければならないことが確実な歯、というのがあります。

その近傍で今からほてつ処置をします、というときにそれを残しておいたらどうなるか? 

 

家のリフォームにたとえましょう。

 

居間を子供部屋とつなぎ拡張して、内装全張替えを予定。

でも、柱が一本だけ腐り始めている。

当分は他の柱もあるから大丈夫だろう、、、という見通しで、リフォームしたらその後どうなるか、、、?

 

なんとなくお分かりと思います。

 

お口の中は、多くの歯がそれぞれの複雑な関連性の中、一丸となって機能を発揮しています。

治療には口腔諸器官の関連性に配慮した、長い時間経過の中できちんと機能し続けられる「設計」が求められるのです。

 

それは別名「診断力」と呼ばれます。

 

われわれは、手先の器用さでその優劣を判断されることが多い職種ですが、そのことを否定しません。むしろ、手が器用なことは当然のことだと思っています。

 

ほてつ専門医としての、さらになる本当の「腕」の見せ所というのは、この診断力に基づいた治療方法の多様性=どれだけ引き出しを持っているか、治療方針の策定=どれだけ戦況を読めるか、というところなのです。

 

必要なのはGOD HANDだけではないのです。

TOPへ

ブログSTART

なかい歯科 ほてつインプラントセンター“のブログを本日よりSTARTしました。

さて、開業以来当院の「ほてつ」という名称、いろいろ反響がありました。というのも一般的にはなじみのない言葉ですから。漢字では「補綴」と書きます。昔々、Prosthodontics という言葉を輸入するときに誰かがこんな難しい漢字を使って翻訳してしまったんでしょう。後の時代の我々は今少し困っています()

簡単に言うと、歯をなくしたあとの修復全般、さらにはかみ合わせまで及ぶ治療内容を指します。従来の歯科治療を大きく「土台」と「上モノ」に分けると「上モノ」のほうです。「かめるようにしたい」、「きれいにしたい」という最終ゴール部分を担当するという言い方もできます。具体的には、入れ歯、差し歯、インプラント、義歯、審美修復、顎関節症などなど。

先ごろ晴れて、その日本歯科補綴学会指導医となりました。この指導医取得には補綴を専門と志し最短でも15年かかるものです。分かりやすく言えば、補綴歯科専門医を育成指導することのできる資格と取得したとお考えください(専門医のさらに上の資格ですね)。大学外ではまだまだ少ない機会ですから、これを活用して今後、私の下から専門医が誕生してくれればと考えています。

京都寺町二条・なかい歯科 ほてつインプラントセンターはますます患者さまのQOLに貢献していけるよう頑張ってまいります。皆さまあらためてよろしくお願いいたします。

TOPへ