RSS

EAO Paris

こんにちは、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長中居です。

今年も毎年参加する、ヨーロッパインプラント学会に参加して参りました。

留守中は、ご迷惑おかけしました。

遅くなりましたが、現地で書いたブログです。

 

 

秋風のパリのカフェでこのプログを書いている。

というと格好はいいが、適時の帰国便が取れず、現地の知人にガイドを頼むもさすがにすぐには都合がつかず、昨夜からすることもなく木枯らしに吹かれてさまよっているというのが本当のところだ。

昨夜は時間を持て余し、オペラ座で新作モダンバレエの観劇の機会があったので、その話を批評的に書こうかと考えていたが、その前に仕事の話。

 

学会ではいろいろな話が聞けたし、いろんなプロジェクトも相談できた。

大きなこととしては、「専門書の出版」が現実的に動き出した。内容は「レヴュー集」である。フレンチカンカンのレヴューではない(古くてすみません・・・)。

「批評」さらに言えば「批判的吟味」ともいって、近年ますますその重要性が叫ばれている分野である。簡単に言えば「ある科学領域・トビックに関する科学的根拠の評論集」である。

昔、文芸評論家になれたらなぁと漠然と憧れていたことがある。ゼロからの創造行為ができなくても、批評という編集行為であれば、間接的ではあるけれど、自分向きだと考えていたからだ。歯科医にはなったけれど、結局当初の希望は少しだけかなえられていると言えるかもしれない。

大変な仕事となるけれど、名誉なことだし最善の結果を残したい。

 

 

で、オペラ座の話。

「情熱大陸で紹介された日系ダンサーが出なかった」とか、「音と光と肉体の極北」とか、批評的なことを書こうかと考えていたけれど、最後の最後にひっくり返された。

最後の演目は「無題, 2016」世界初演。始まると場内のライトは最大限に照らし出され、暗い舞台の複数の緞帳は全てたくし上げられ、最後方の舞台裏まで露出され、向う正面の壁面はガラス張りになっている仕掛け。

場内の我々が舞台再奥に映し出される。

 

ダンサーは後ろ向きに登場し、場内に乱入し、痙攣するように激しい音の洪水の中で踊りはじめ最後には、ドアから退出し、観客を場外に誘う。舞台と観客の逆転。十分観客が退出し、ウェイティングフロアに集まったところで、声によるパフォーマンスがひとしきり行われ、ついには建物の外へ退出。

 

「お前を見ろ」「お前は何者だ」「お前からの論評は拒む」

といった挑発なのだろう。夜の冷気を感じる前に、異国の伝統的劇場で感じていた情緒的な発熱を激しく急冷された。

論評することは自分を語ること。

 

決して他人のふんどしで相撲を取ることではない。これから向き合う仕事は、私自身が問われる厳しい仕事であることを奇しくもこのタイミングで突きつけられた気分だった。

 

ちなみにここの最上階に「オペラ座の怪人」は住んでいるという設定が例の有名ミュージカル。

上がってみたが誰もいなかった・・・。当然のことながら。笑

TOPへ

ベートーベン より ハイドン が好き!

こんにちは、なかい歯科 義歯インプラント研究所 院長中居です。

先日、御茶ノ水の出版社へ誌上座談会採録のため行ってきた。

テーマは「不定愁訴」

つまり、よくわからない原因不明の痛みに関して。

さらに突っ込んでいうと、脳科学、精神医学の見地から説明される痛みに関して。

とてもいい感じの座談会となり、私自身、他領域のエキスパートからいろいろな臨床上有益な示唆をいただいた。

人と会って、対面して、話す。

どんなに ITが進化しても、時間と場所をリアルに共有することから得られるコミュニケーションはやはり最強で、情報量も格段に違う。

今回は司会の役回りだったが、これが案外私は苦手だ。

ついつい、自分が前に出て喋りたくなる。笑

なぜこんな話になったかといえば、、、

座談会の帰途、吉田秀和_ 全集の端本を帰りの車中で読んでいたら、こんな一節があった。

「ハイドンにはベートーベンのように聴くものを感動させるために、雄弁をふるうということがなかった。」

しかし、

「すっきりしていて無駄がない。どこを取っても生き生きしている。いうことすべてに、澄明な知性の裏付けが感じられ、しかもちっとも冷たいところがない。嘘がない。誇張がない。」

あー、やっちまった、と思ってしまった苦々しいかつての経験が頭をよぎる。

そうそう、最良のプレゼンテーションはハイドン的であるべきなのだ、と納得。

さらに。

自分の知っていること、言いたいことを患者さんへ100%伝えたいがために、診療室で熱く語りすぎることへの反省しきり。。。

澄明な知性の裏付けが感じられ、しかもちっとも冷たいところがない、そんな患者さんへの説明は理想的だ。

今回の座談会では、これまでの学習でさすがにこらえてみた。

多分編集の方でも上手にまとめていただけると思う。仕上がりに期待している。

この秋発刊となる見込み。

そんなわけで、あわせて中古CD(嘘みたいに豊富で安い)を併せてまとめ買いした(神田-御茶ノ水 → CD & BOOK最強ライン!!)。

週末返上の自分へのささやかなご褒美。

ベートーベンは、、、、、、当然、、、、、、、ない。

TOPへ

東へ〜秋の混雑と尾形乾山

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長の中居です。

 

巷では秋の三連休、京都観光一大ピークを迎えている様子。

連休中日、自転車で向かうのは「細見美術館

うちを出てただひたすら通りを東へ、鴨川を横切りまっすぐまっすぐ一キロあまり東走すればいいだけだ。

が、今日は車が全く動いていない。どこまでも渋滞の車列が続く。

そんな時、自転車は最良のトランスポーターとなって、車列の横をいつも以上の疾走感を感じながら東へ。

陶器にはそんなに興味がないものの、琳派回顧展みたいなのをあちこちでしていて、同美術館では乾山展が開催されていた。

 

実は、その尾形乾山の窯+店跡地(らしい)に、なかい歯科は(ほぼ)建っているそうだ。

享保年間約20年ほどこの地に居を構えていたらしい。

この数ヶ月東京発のいろんな美術媒体で喧伝されていたこともあって足を運んだ。自分の住まうこの足元で焼かれたものが、陳列ケースの向こうに300年の時を経てうやうやしく鎮座しているのを見るとなんとも感慨深い。

とはいえ、本来実用目的で多数製作されているものであり、「これって北欧のテキスタイルと一緒じゃないか」という作品も数多く、使える美しさだった。

 

あのぉ、乾山さん、おたくの後に住んでるものですが、江戸に行く前いくつか置き忘れなかったですか?

 

ここ掘ったら出てこないかな、一皿ぐらい。。。

 

TOPへ

お久しぶりです

お久しぶりです、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長の中居です。

私のブログが少し途絶えていると感じていた方もいらっしゃるかと。。。すみません。少しだけ言い訳を。

 

今年のお盆休み、当院では土日含め、5日お休みをいただいた。

開院以来、初完全オフという形で、日本海の寒村(?)で短い隠遁生活を過ごした。ほっとした時間の中でようやくこのブログが書けている。

  今年度前半を振り返ってみると、診療以外の仕事にも忙殺されたことに改めて気づかされる。

大学講演4回、企業セミナー講演2回、国内学会参加4回、海外学会参加2回(予定)、対談収録3回、商業誌執筆2本、そしてラストに取り組んだのが翻訳2件、うち1件が大著の翻訳を担当した。昨日ようやく仮校了の目処がついたというので人並みの休みを取ることができた。

こうして、列挙してみると仕事を断ることも必要だと感じる。医院管理者として、自分を管理できていないのはやはりいけない。専任の秘書が欲しいが、そんな身分でもないので、自覚するしかない。

そんな中、心強い先生に着任いただいた。

5月よりチームNDOの本スタッフとして加わっている。

福富先生。

阪大卒の才媛で、昨年一年間、僻地医療貢献のため奄美大島で勤務されていた。

そんなわけでオールマイティーになんでも担当していただいているが、小児治療はじめ、女性ならではの優しく細やかな対応を期待している。

このように、なかい歯科は、医療資源の適正配分を考えつつ、それぞれの得意分野を分担し、より患者利益の高いシステムによる質の高いチーム医療を目指し、少しづつ変化しています。

 

さて、来月9月は学会参加でソウルとストックホルムに立て続けに参り、長期不在となりますこと、あらかじめお詫び申し上げます。詳細は受付にご確認ください。2015年最新の国際標準をインプットして、必ず治療でフィードバックいたします。何卒ご容赦ください。

TOPへ

2015春の東日本巡業

こんにちは、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長 中居です。

久しぶりに少しブログが書ける時間が捻出できた。

 

先週は東日本行脚を行っていた。院内で毎日響く「インチョー!!」という声に終日ひっぱり回されないとはなんと平安なことか。笑

患者の皆様,スタッフの皆さん、留守をしてすみません、そしていつもありがとう。

 

水曜日は鶴見大学で、木曜日は東北大学で、院生や医局員等を対象にミニセミナーを行ってきた。レスポンスよく闊達なディスカッションができてよかった。教えると同時に自分も充電をさせてもらっていると感じる。

土日はスウェーデンの先生のお話を丸2日東京で、今度は受講生の立場でじっくり聞かせていただく

 

会場がお茶の水のため、駅近くに宿をとった。明治大学裏の古い小さなホテル。

到着すると、熱いほうじ茶と豆ようかんが向田邦子ドラマにでてくる女中さんのような女性によって運ばれる。ウェルカムシャンパンなどよりはるかにありがたい。ほっと一息。

 

最上階は屋根裏部屋のようになっていて、自室のような雰囲気でここが何より良い。

東京の相場からすると安くはない部屋だけれど、趣味のいい英国製のスピーカーがついている。隣室はないから、好きな音楽を大音量で聞くことができる。

演歌の流れる大衆そば屋のカツ丼を食べた後、駅前の老舗中古CD屋でワンコイン程度のCDを2枚買って部屋に持ちこむ。原稿の校正に飽きたら、すこし耳をスピーカーに傾け、それに飽きたらまたこうしてブログ。しばし至福の時。。。

 

机はすり切れ、椅子はきしむが、空気はきれいで掃除が行き届いており、なんの不足もない。ただ古いだけだ。わたしにとっての最良のスウィートルームだ。

 

 

歯科医療では 最新が最善か?

 

という議論はしばしば行われる。もちろんノーだ。また、オールマイティーが常に必要かという議論も、これも私はノーだ。

 

このホテルの快適さは唯一無二でそれは私がそう思うからそれでよい。ホテル側だって、全ての人に100%受け入れられるとは思っていないだろう。

 

これでいいのだ!

 

天才バカボンのパパの言う通り

 

TOPへ

雨の休日に

こんにちは、なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長の中居です。

 

さて、昨年秋からの殺人的なスケジュールが、商業誌3本の校了をもってようやく一段落した。

とはいえ、今年は今年の達成課題が次に待っているわけで、結局、肩の荷感は消えない。

 

あるものを一時的に見ないことにして、別のことをしてみる。

息抜きとか、逃避とか、なんかそんなもの。

読んでおかなければならない本も数冊未読。にもかかわらず、雨の三月書房で古谷野敦の新刊を一冊・・・

 

このパターンでもう数冊読まれるのを待っている本が書架に累積している。でも、こうでもしなければ結局今後もご縁なく通り過ぎていくはずだから、という弁解を自分にしつつ、さりげないご近所話をしながら、支払いを済ませる。

 

雨で予定が飛んだこんな日こそ、正規の残務を片づけなければならないのだけれど、明日からの診療には僕自身の健康(WHOの定義! )が必要だ。

 

というわけで、今日は雨にかこつけて、明日のオペの予習と、今月末の講演の概略確認と、大学との臨床研究打ち合わせのメールの返信と、院内ミーティングの準備が終わったら、本を読もう、、、  やはり無理か?結局…

TOPへ

2015 .1.1

皆様 新年あけましておめでとうございます。

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長 中居です。

本年もさらなる精進と向上を目指し、スタッフ一同精一杯努めてまいります。

昨年同様よろしくお願い申し上げます。

 

さて、年末は仕事終わりに気が緩んだのか、年始にかけて風邪でずっと体調が優れなかった。年初の大雪もあり、ずっとこもって仕事をしていた。

というか、そうしないと間に合わない仕事が山積されたまま年を越していた。

 

そんな混沌の中、どうしても会って話をしなければならない件があり、年の瀬大阪に出かけた。

信頼できる旧知の仲間である。口の悪い私が信頼できるというのだから見識あるしっかりした人柄であるが、当然業界のマイノリティではある。

なんてことを話した後に、「我々っていくらか変人だよな」と同意を求めたところ、眼前の御両名から「一緒にされたくない」と言下に否定された。ほのかな心の連帯ははかなく消えた・・・

さらに私も尊敬する「Y先生並み」に「変」と評された。この業界での彼らの立ち位置は希有で、それを維持しているのは私にしてみたら充分変人に帰属すると思われたが、彼らにそう反応されたということは、、、

私はもっと上のカテゴリーに属しているらしい。笑

 

それを人は「変態」と呼ぶそうだ。

 

まあ、元旦に寺町の雪化粧を見ながら論文の草稿書いたり、文献渉猟しているのはやはり奇妙だろう、普通の人からしたら。

 

でも、それもこれもなかい歯科のミッション!良質の医療による社会のQOLの向上のため、家族も、スタッフも、友人も、そして患者様も、どうかご理解いただけたら幸いです。

 

TOPへ

ノイジー知恩寺

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長 中居です。

 

本日久々の休みは午前中オペのミニカンファレンス、その後大阪と名古屋より共同研究の打ち合わせのため研究協力施設長が来院.

夕方にようやく時間が空いた。久しぶりの空き時間、恒例「秋の古本市」会場の知恩寺に出かけた。見慣れた風景とはいえ、古本市の風景には未だにいちいちときめく。

 

最近、新しい本を読んでいる(笑)

東浩紀の一般向けの本「弱いつながり」

現代日本の一級の思想家の説く「移動せよ」「ノイズを入れよ」と扇動的な警句にはっとさせられるが、それは最近私が意識/無意識にやっていたことでもあり、明晰な言葉でまとめられると、少し安心する。

福島の山中の臨床研究セミナーに1人で飛び込んだりしたのもの、ああそうかノイズにさらされたい衝動があったかと思うと納得できる。悪くないなと思う。

 

古本市はノイズの宝庫だ。どんな大型書店でも全く歯がたたないノイズっぷりだ。エログロから形而上的事象まで時空を超えたバラエティさは既存の「純粋な」書店をはるか大きく凌駕する。かつて売れた本、売られなくなった本、最初から流通量の少なかった本,売ることをあまり考慮に入れられなかった本など、多くのノイズに溢れている。時代の先行き感など全く無視して(当たり前だ)それらの本は激しく異彩を放っている。

会場を横溢するその気配に多分私はやられてしまうのだろう。

知恩寺の境内は今秋もそんなやられた人たちで平日にもかかわらず賑わっていた。

TOPへ

2014 秋 講演ラッシュ

ようやく暑さが去ったと思ったら、講演ラッシュが始まった。

 

 

なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長の中居です。

 

先週まず一つ、今週また一つ、来月また二つと続いていく。

その上、専門医関連の試験が一つ(いつになったら受験生を卒業できるのだろう?笑)

自分の良かれと思う考えを多くの人に聞いてもらえ、それに賛同してもらえる機会を頂けるのは、特権的でもあり、ありがたいことと考えている。また、「社会へ向けての情報発信」は当院構成員の行動指針の一つでもある。

そんなわけでお声がかかれば、なるべくお断りせずに引き受けている。

 

先日は東京の大きなシンポジウムで話す機会があった。

巨大スクリーン付き2000人規模の会場は華やかで、私の話す地味な内容は不適当に思われたけれど、同じセッションの先生方にも助けられなんとか無事に役目を果たした。前日いろんな事情により私のスピーチ時間は当初予想より短くなり15分…

さて、この少ない時間で何をどう話すか?、直前にいろいろ悩んだ。主催者もどうまとめあげるか少し心配していたらしい。

前日夜、ふと「TED」のことを思い出した。各界の著名人でさえたった15分程度しか持ち時間が与えられないルールのスピーチ大会。そうだ、彼らでさえ「15分」

しかし、それでも確たるメッセージを伝えられるじゃないか、そう思ったら割り切って、スライドをどんどん削除できた。スピーチで一番大事なのはスライドじゃない、言葉だ、言葉の力だという基本に立って、「私のことばについてくるスライド」だけを厳選して組み直した。すると、15分にまとまった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に、自己採点65点のいまいちスピーチとなったけれど、主催者代表からは

”I like your style. Short time, but big message!”

との言葉をいただいた。  「洗練」と言ってくださった方もいた。  私の意図したところであり、こういう評価は素直に嬉しい。

 

「話すこと」、「メーセージを伝えること」は、難しい。書店のビジネスコーナーには多くのhow to本が横積みにされているわけだ。

今回のことでまた一つ学べた。自分の言葉で、言葉に情熱を込め、その言葉に乗るスライドを作るということだ。

スライドに語らせてはいけない、語るのは自分だ。

 

ラッシュは続く。

TOPへ

豚の鼻と福島とツールドフランス

こんにちは。なかい歯科 義歯インプラントほてつ研究所 院長中居です。

 

本日、平日にもかかわらず台風一過の後を追うように、福島へと北上中。

これから3日間、朝から晩まで臨床研究の補強のための研修で、山中の温泉宿に缶詰になる。
さて、最近30年近く前に組んだロードーレーサーを引っ張りだして、少し手を入れて乗る事がある。びっくりするようなレトロな自転車だが、新たな自転車の所有は欲していない。
最新のマシンがどのくらい凄いかよくわからないが、これで何の不満もなく乗れている。風を切り、路面を転がる滑走感は充分に心躍らせてくれる。
そんなこともあり、新幹線車中の仕事の息抜きに、今年のツールドフランスの経過をダイジェスト版で見た。
「F1 × ルマン」にような究極の自転車レースだ。
バブル時にはフジテレビが地上波で感動的な編集とともに放送していたが、大人の事情で撤退したらしく、その後は見る機会もなく興味も少々薄れていた。
だからイノー、フィニョン、レモン、デルガドあたりまでしか詳しくない。
それが今はITの恩恵によりこんな風に車中で見ることができる。20年の隔世を感じる。
いまや、テレビ会議はわれわれでも普通に利用するし、もしかすると福島までいかなくてもある程度、この度の目的達成も可能かもしれない。正直行かなくてよいものであれば簡単にすませたい。なにより私はなかい歯科の管理責任者であり、メインプレーヤーであるわけだから。
でも、、、リアルに出会う事で生まれるハイブリッドな何かを期待して、この度は行くことにした。この「何か」を探知するのは、おそらくある種の嗅覚が必要だ。日常の臭気には鈍感な私だが、幸いな事にこの種の嗅覚に関してだけは、たぶん少しだけいい鼻を持っているのではと思っている。
収穫の多い3日間になる事を願って。
追伸
フランス語で「予見が利く」ことを「風通しの良い鼻を持つ avoir le nez creux」と言うそうだ。
私の鼻孔も大きいから間違っていないかもしれない。

TOPへ